話題になった癒し系ゲーム「Meadow」遊んでみた

オープンワールドのゲームでありながら、ストーリーも無く、狩りもクエストも無く、PTも無く、チャットも無い。他プレイヤーとの「コミュニケーション」は「アイコン」での会話(?)のみ。プレイヤーは野生動物となって、餌をもとめてフィールドを徘徊するだけ!

そんな、ある意味野心的なゲームとして話題になったのが、スウェーデンのゲーム会社Might and Delightが販売している「Meadow」です。

サムネ用

話題になったといっても昨年の話ですがね……。

Shelter」シリーズという別のゲームタイトルから派生したゲームだそうです。

Meadow

Steamのハロウィンセールの時に購入したのですが、普段から\298でした。(セール時は3割引き)

こちらがログイン画面。日本語対応しています。サーバーは欧州やアメリカ、アジアなど。どのみち会話しないので、どこでもいいと思います。

ログイン画面

サーバーにはさらにグループ(チャンネル)が存在し、ひとつのグループの定員は50人です。

最初、プレイヤーは皆、子どものアナグマ(Badger Cub)としてログインします。

子供のアナグマ

保護色で見づらい(笑)

移動はWASD方式、SHIFTキー併用で走れます。スペースキーはジャンプ。

右ドラッグで視界を動かせます。左クリックは鳴き声。クリックするとキャンキャン鳴きますが、この鳴き声で他プレイヤーに助けを求めるので、うっかりクリックすると慌てます(笑)

進めていくうちに、「カエル」や「ウサギ」「キツネ」などプレイできる動物は増えていくようです。

パネル

次はカエルみたいですね。

子供じゃない「アナグマ」にも会ったことがあります。

動物は全11種類のようですが、同社の他のゲームタイトルを買わないと使えないものや、「幻」に近いほどレアなものもあるようです。

プレイヤーはただひたすら、「エッセンス」と呼ばれる餌を捜し歩きます。

エッセンス=餌は、花や石、キノコです。まれに果物が地面に散らばっていることもあり、大量獲得のチャンスです。

石のエッセンス

エッセンスピンク

夜なので暗いです。色によって獲得できるものが違うらしいのですが、よく分かりません(汗)

花のエッセンス

花

エッセンスはプレイヤーごとなので、横取りなどの心配はありません。

キラキラしているので、見つけやすいです。

エッセンスを集めていくと、動物の種類や、スキン、感情表現、鳴き声が増えていきます。

最初、これらはロックされていますが、エッセンスを溜めていくと「アンロック」されて使えるようになります。

感情表現

感情表現

スキン

スキン

泳げます。

水泳

通常、移動速度は遅くなりますが、カエルだけは例外のようですね。

オープンワールドといっても延々続いているのではないらしく、突然、世界が途切れてたりします。

世界の果て

勝手に止まるかと思いきや、普通に落下します。

落下

しばらくすると、落下前の場所へ戻されるだけで、死亡の概念はありません。

登山は楽勝です。どんな地形でもたいてい登れます。落下ダメージはないので気楽です。

高所

世界の果てだかグラフィック描写の限界点だかが見えます。

向こうの峰の頂上に「エッセンス」があるのが分かりますか?

ああいう場所にあるのが、おそらく「珍しい〇〇」です。

コレクション」なるものがあって、餌によって達成していきます。

コレクション

この達成か……何か、条件がよく分かってませんが、トレーディングカードがもらえます。

トレーディングカード

トレカをSteam内で売ることもできますが、私でも簡単に手に入るようなモノなので、たぶん売れないでしょう(笑)

ログアウト画面です。

ログアウト

世界の中心には「巨大樹」があり、「木に戻る」でいつでも戻れます。

巣穴に戻る」でログイン画面まで戻れます。複数の動物を所有している場合は、ここで切り替えられるようです。

キャラクターオプション」でスキンと鳴き声を変更できます。

スキン声

「設定」からキー配置などが変えられます。

さて。フィールドのところどころに、「モノリス」という「巨石」があります。

モノリス

複数の動物がモノリスの前で同時に鳴き声を上げると反応し、割れます。そうすると中から大量のエッセンスが現れて、全員美味しい思いをします。

条件は様々で、頭数だけ揃えばいい、という場合もあれば、動物の種類が指定されているものもあります。

ほかのプレイヤーと会いたい場合は「巨大樹」が集合場所なようなので、そこで見つけるといいみたいです。

ひとりでふらふらしてても、結構誘われます。ほかの動物の後をくっついていってもいいみたいです。振り切られるかもしれませんが(笑)

他のプレイヤーは、マップ(右下のボタン)を見るとひし形◇で表示されています。

マップ

まぁ、誰もいないこともありますが……。

コミュニケーション手段は前述通り「アイコン」のみ

UI

たぶん以下のような感じです。

コミュニケーション

エッセンスの場所に案内してもらって無事食べ終わったら、「にっこり」の感情表現アイコンを出しておくとイイ感じです(笑)

ボイチャとか無粋なことは言いません。

さて、プレイしてみた感想ですが……残念ながら、私ここでも3D酔いが……(汗)

親切な先輩プレイヤーさんが「こっちに花があるよ!」とか「こっちに石があるよ!」みたいに先導してくれるのですが、酔ってしまってお断りすることも……。

でも「3D酔いしたから」という理由を説明できないのが、大変心苦しい(泣)
このゲームの場合、モノリス以外は100%善意で誘導してくれているので……。

たま~にログインして、ひとりで散歩しています。

ボール

以上です。

Meadow公式サイト
http://mightanddelight.com/meadow/



RPGランキング



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする