ブルーホールの新作MMORPG「A:IR」(エア)最近の動き

「PUBG」や「TERA」で知られる韓国ゲーム開発企業、ブルーホールスタジオの新作MMORPG「A:IR」(エア)について、いくつか動きがあったので記事にしたいと思います。なお、今後の予定等は全く公開されていません。

※ A:IR(Ascent: Infinite Realmの略)

機械翻訳を通じたものなので、正確性については保証致しかねます。予めご了承ください。

これまで、韓国国内ではブルーホールが直接A:IRのテストを行ってきましたが、これを「カカオゲームズ」へ移行することになりました。

それに伴い、これまでの韓国A:IR公式サイトは11月12日をもって閉鎖されることになりました。

A:IR(エア)、カカオゲームズと新たに出発します。

韓国公式サイト閉鎖
ブルーホール(Bluehole)は昨年、PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS(PUBG)の韓国国内サービスについてもカカオゲームズ(Kakao Games)と契約を提携しています。

一方、以前の記事でまとめましたように、欧米のサービスについてはすでにカカオゲームズが配信元になっています。

関連記事

Blueholeの新作MMORPG「A:IR」(エア)~最近の動き

これで、欧米、韓国ともカカオ社が運営を行うことになりますが、日本のサービスについてはゲームオン(Pmang)が日本独占配信契約を結んでいます。

これが吉と出るか凶と出るか……、少々心配なところではあります。

関連記事

ゲームオン,Blueholeの新作MMORPG「Project W(仮称)」の日本独占配信契約を発表。

今年2018年上半期に欧米でのCBTを目指していたはずなのですが、10月中旬になった現在でも、CBTの発表はありません。

欧米公式サイトのフォーラムでは、今年2018年中にCBTは来ない、と書かれています。

CBT予定

同フォーラムには、予定が遅れていることを謝罪すると共に、ベータテストまでまだ時間がかかることが明記されています。

さて、そんな中、欧米サイトにて9月と10月にゲーム内のスナップショットが何枚か公開されましたので、ご紹介いたします。

A:IRはスチームパンク(Steampunk)をコンセプトとした世界で、魔法と蒸気(スチーム)が極度に発達した世界です。

過去の災害により惑星がバラバラになってしまい、世界は複数の浮島から成り立っています。プレイヤーは飛行船や飛行できるペットを使役して、島々を飛び回ることになります。

プレイヤーが活動する世界は「ハース」と呼ばれているようです。

ワールドマップ(韓国公式サイトより)

ワールドマップ1
※ 吹き出しはこちらで追記したものです。が、雰囲気で書いたのであまりアテになりません。参考程度にご覧ください。申し訳ありません。

アリーナ

アリーナ

A:IRには様々なPvPコンテンツが用意されているそうです。アリーナ(決闘場)では、1vs1、2vs2、3vs3の戦いに参加することができるようです。

ハウジングエリア

ハウジングエリア

「ハース」には住居エリアがいくつかあるようです。

スナップショットを見る限り、プレイヤーは家の中と庭を弄れるようです。庭にはベンチなどもあり、パッと見、アーキエイジを思わせます。

あまりハウジングコンテンツのハードルが高くないといいなぁ、と思いますね。

サンセットビル郊外-防衛ミッション

サンセットビルはNousgard最大の都市です。サンセットビル近郊には船の収容所があり、サンセットビル郊外には最初の飛行船任務地があるようです。

レース

レース

「バラニア」という浮遊島で開催されるレースのようです。ただ速さを競うのではなく、クリア条件などがあるようです。こちらのSSを見ると、飛行しているものもあれば、地上を走っているものもありますね。

会場となるバラニア

バラニア

ジャングルで覆われた大きな島で、バラニア人が独自の文化を築いています。

某所ラスボス

なお、今回こちらでご紹介したものは、公式で公開されたスナップショット総てではありません。ので、以下の公式サイト(英語)にて、全体をご覧頂ければと思います。

スナップショットパート1

スナップショットパート2

invenの記事(韓国語)によれば、「A:IRに関するより詳しい情報は、後日公開される予定」だそうです。

カカオゲームズ、ブルーホールと「エア(A:IR)」韓国パブリッシング契約締結

それでは、今回はここまで。



RPGランキング

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ