【BLESS】リビルドコンテンツ「UI/UX」「カスタマイズ」「システム接続」

韓国BLESSでは8月1日よりリビルドバージョンテストが開始になります。

invenなどのゲーム情報サイトではリビルドバージョンのことを「リビルドブレス」と表記したりしていますね。

現時点で、リビルドコンテンツ(改善点)として挙げられているものは7つ。「成長」「戦闘」「採集/製作」「旅行の同伴者」(ペット)「UI/UX」「カスタマイズ」「システム接続」です。

リビルドコンテンツの1つ目、「成長」の改善点の詳細につきましては、以下の記事に書きましたのでそちらをご覧ください。

【BLESS】韓国 リビルドプロジェクト開始

リビルドコンテンツの2~4つめ「戦闘」「採集/製作」「旅行の同伴者」(乗り物/ペット)に関しては以下の記事に書きましたのでそちらをご覧ください。

【BLESS】リビルドコンテンツ「戦闘」「採集/製作」「乗り物/ペット」

今回は、「UI/UX」「カスタマイズ」「システム接続」について、韓国BLESS公式サイトに上がっていた情報をまとめます。

※ 開発途中の情報のため変更があるかもしれません、また、機械翻訳を基に意訳したものなので、正確ではないかもしれません。あらかじめご了承ください。

「UI/UX」

リビルドコンテンツの5つ目です。

この変更点は包括的なものなので、リビルドバージョンで早いうちに気が付くことができるでしょう。ただし、変更点すべてが実装されているわけではなく、徐々に公開される予定です。

システムメニューの変更

従来、アイコンでのみ表示されていた為、アイコンが何を意味するか、マウスをポイントして詳細を確認する手間がありました。アイコンのデザインも一新し、以下の形で出るようにします。

システムメニュー表示

※ 日本CBT1の時にはすでにこの形だったと思います。

ただし、従来の方法に慣れているユーザーの為に、システムアイコンを右下に6つ、自由にカスタマイズして配置できるようにもしました。

クエストアラート

クエストの一覧表示を分かりやすくしました。表示/非表示の切り替えを可能にし、詳細まで表示、タイトルのみ表示の選択も可能にしました。ゲームの背景に紛れて見づらかった文字列も、見やすくしました。

クエストアラート

また、クエスト用の収集アイテムは所持品とは区別され、インベントリを圧迫しないようにします。

※ このあたりも日本CBT1ではすでに改編済だったと思います。それでもクエスト一覧については分かりにくかったので、更なる改善が行われたと期待しています。

チャットシステム

ショートカットキーを利用したチャット切り替えを可能にしました。チャットウィンドウも切り離し可能に。チャットタブの追加、削除を可能にし、タブの名称も変更可能に。文字サイズ、文字色の変更を可能に。チャットタブごとの表示項目の選択も可能にします。

自動移動中や制作中でもチャットができるように「チャット集中モード」を用意しました。従来は作業途中にチャットをすると、作業が中断されてしまっていましたが、これにより、作業中でもPTメンバーとチャットをしたり、取引チャットができるようになります。

取引システムの改良

取引所のUIを改編しました。絞り込み機能を簡単にし、部分検索も可能に。検索したアイテムと着用中のアイテムを簡単に比較できるようにもしました。

売り手はアイテムを販売する際、相場に伴う売値の上値/下値を確認できます。相場は最近の取引状況とアイテム自体の価値で決まります。一定レベル内で相場の上値/下値が決まるため、入力ミスを防いだり、不相応な価格での登録を防ぐことができます。

また、登録料や最終販売金額を今より簡単に確認できるようにし、最近の販売金額履歴も確認できるようにしたり、販売代金の受領も楽に行えるようにしたりして、バイヤーの利便性を図ったものにします。

※ BLESSのアイテムにはレベル制限があります。

(一部アイテムのNPC売りを無くす代わりに、取引システムはかなり力の入った改善点になりそうですね。)

PTウィンドウの変更

PTウィンドウ内のメンバーの並び順を自由に変えられるようにします。これにより、ヒーラーが回復しやすくするなど、戦闘時に役立つものにします。また、PT時の獲得経験値を上げるなどPTプレイの特典を強化します。

スクリーンショットモード

スクリーンショットモードではすべてのUIを非表示にします。また、従来よりも自由なカメラワークを可能にします。

(すべてのUIが非表示にならなかったら何のためのスクリーンショットモードなのかと思いますね(笑) このあたりの強化は是非期待したいです。)

所持品ウィンドウ

所持品ウィンドウからスムーズにアイテムを装着できるようにしました。また、どちらが所持アイテムでどちらが着用アイテムか、など、もう少し分かりやすく改善する予定です。

また、プレビューモードの導入も予定されています。

マッチングシステム

1日に決められた回数内でダンジョンパーティーマッチングを申請できるようにします。申請時には、攻撃や防御、治癒など決められた役割を選択した後に申請することがあり、これにより簡単かつ迅速にダンジョンに進入できるよう、機能を追加します。

また、「スコア」に基づいて、申請可能なダンジョンリストが変わります。このスコア」はアイテムの強化/進化/ルーン/着用部位等に応じて算定され、文字情報ウィンドウを通じて確認できます。

これにより、同じような成長速度のメンバーとマッチングされることになり、能力不足によるPTの全滅や、装備を理由にしたキックなど、不愉快な経験が起きないようにする予定です。

また、ランダムダンジョンの最終ボスには特別な補償を用意し、ランダムダンジョンを更に楽しめるものにします。

自動移動/経路

クエスト進行やダンジョンへの移動、戦争への参加などの為に、目標地点への移動が容易になるよう機能を追加します。

ワールドマップで目的地まで自動移動(オートラン)を設定するほか、最短ルートの確認も可能に。ワールドマップ以外に、ミニマップでもゲーム画面でもルートが見えるようにします。また、クエストウィンドウからでもワンクリックで自動移動ができるようにします。

※ 日本CBT1でも自動移動がすでに可能でしたが、精度が低かったので、改善されているといいです。

ギルド

従来は公式サイトで確認するしかなかったすべてのギルドの情報を、ゲーム内で確認できるようにし、ギルドの加入申請を簡単に行えるようにします。

初心者ガイド

初心者の為に、戦闘の邪魔にならないように設計された操作ガイドが導入されます。もちろんオン、オフは切り替え可能。

ロビー(キャラクター選択画面)の表示、店(NPC)のアイコン、プレイヤーの頭上表記、対象MOBのウィジットなど、ほかのUIもそれぞれ改善予定です。

ウィジット

「カスタマイズ」

リビルドコンテンツの6つ目です。

BLESSは、中世ヨーロッパのファンタジーという世界観から、東洋人のキャラクターを想定していませんでした。しかし、すべてのプレイヤーが没入できなければならないという視点から、カスタマイズの自由度を拡大して利便性を向上させ、既存のシステムの改善と新規スタイルを継続的に更新していきます。最終的には、プレイヤーの皆さんが想像するすべてのキャラクターを作成できることを目標にしています。

カスタマイズの自由度を拡大

顔の輪郭の調整可能幅を広げ、さまざまな身体を変更できるようにカスタマイズシステムを改善しました。ぽっちゃりにもできますし、細面を作ることも、筋肉質にすることも可能に。

カスタマイズUI

従来はプリセットが数字で表示されて分かりにくかったので、イメージで表示されるようにしました。また、タトゥーの位置やキャラメイク時にキャラが揺れる動作など、細かい部分まで改善してディティール調整しやすくします。

ヘアカラー

一定の色から選択する方法を辞め、RGBカラーから自由に設定できるようにしました。これにより、他の人と髪色が被る、という事態を減らすことができます。

RGBカラー

(選択肢の多い少ないはありますが、決まった色しか選べないゲームが多いなか、これは結構画期的だと思います。黒い砂漠のようにグラデーションをつけることができないのは残念ですが、つけ毛をアバターで出してもいいかな、とも思いますね。)

種族別の髪型増加

種族別に、30種類の髪型を追加しました。

種族別ヘアタイプ追加

(アフロの需要って、少ないけど確実にありますよね~。)

眉毛/虹彩/瞳孔/眼/皮膚の色

眉毛/虹彩/瞳孔/眼/皮膚の色も追加しました。こんがり焼けた小麦色の肌も可能に。

マスク種族のヒューマンバージョン

BLESSの世界観とは相容れないものですが、(獣人である)マスク種族のヒューマンバージョンも作れるようにしました。

ほか、カスタマイズ時に実際のゲーム画面でキャラクターがどのように見えるか、事前確認することができるよう、従来の黒の背景に加えて、フィールドの背景が追加される予定です。

(世界観は置いておいて、という文言が繰り返し登場するので、キャラクターカスタマイズに関しては開発陣としてはよほど忸怩たるものがあるらしいです。とはいえ、売れなきゃしょうがないですからね。)

「システムの接続性」

リビルドコンテンツの7つ目です。といっても、しっかり「何か」がある感じではありません。

BLESSの将来

システムの変更を介して今後のBLESSが、最終的にどのような姿に「再構築」されるか、方向性の話になります。

従来、中世ヨーロッパのファンタジーベースの世界で、各プレイヤーが自由に好きな生き方ができるのを目標としていました。しかし、開発期間や人員、コストなどから、問題点を解決することにのみ集中するようになり、かつて抱いていた理想像や、最初にプレイヤーの皆様にお約束した姿とはかけ離れたものになっていきました。

BLESSのシステムを、PvPの上手な人、PvEが好きな人、一人でプレイしたい人、複数の人と付き合うプレイをしたい人、商取引したい人、製作したい人、キャラを飾るのが好きな人など、様々なプレイのスタイルを考慮した柔軟なものにしたいと考えています。

プレイヤーが任意のコンテンツを楽しんでも、それに見合う報酬と達成感を得られるようにします。また、得られた報酬などを取引可能にしたので、プレイヤー間の取引で需要が満たされるように期待します。

BLESSの主要コンテンツであるRvRも再構築します。新規システムを導入して補完する計画を持っています。

BLESSのRxRが目指す「真のRvRゲーム」の姿を整えるために、PvP/アリーナ/カーストラ攻防戦/レイド/統治契約など、争奪戦に至るブレスに存在する戦闘関連システムは、一つずつ手を加えながら、大々的な改編作業を着々と施行していく予定です。

慎重に決定すべき要素もあり、作業量も少なくないので、RvRの改善に関しては、もう少し具体的になった時点でご紹介するつもりです。遠くない時点で披露できると予想しています。

自信をもって再構築できるよう、充分な公開テストを行い、中世ヨーロッパベースの世界に実際に生きているように、世界に没入できる「良いBLESS」を作っていきたいと思います。

ベータテスト参加期間中、存分にフィードバックを共有してください。

以上になります。


韓国BLESS公式サイトには「リビルドフィードバック」という掲示板が用意され、明日8月1日から利用可能になっています。リビルドサーバー参加者の投稿が多くみられるようになると思いますので、こちらに関してはまた後日。


RPGランキング

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする