Amazonの新作サンドボックスMMO「New World」

アマゾンについての説明は、何も要らないでしょう。皆様よくご存じの、あの密林、あのAmazonです。

アマゾンにはAmazon Game Studiosがあります。企業公式サイトを見ると、Amazon Game Studiosでは、現時点で「New World」と「Crucible」という2つのゲームタイトルを開発中であることが分かります。

Crucible

これ以外に「Breakaway」というタイトルの4対4で戦うMOBAを開発していましたが、今年初め、開発の中止が発表されました。

その為、Amazon Game Studiosのゲーム開発はうまく行っていないのでは、という推測もありましたが、その後CHRISTOPH HARTMANN氏を副社長に迎え、その他のゲームタイトルについては順調に開発が進んでいることが公式に発表されています。

氏はかつて米大手ゲーム開発企業2K Gamesの共同創設者兼社長としてCivilizationなどのチームを率いていました。

アマゾンは氏以外にも、Sony Online EntertainmentのJohn Smedley氏、Need for Speedなどを手掛けたCraig Sullivan氏など、業界のベテランの雇用を次々と進めています。

これらのゲームが、そもそも「日本でも展開されるか」は分かりませんが、先日ドイツで開かれたゲームの見本市「gamescom 2018」において、「New World」の新しい情報がいくつか公開されました。

その内容を、少しまとめてみたいと思います。

「New World」について

サムネ

プレイヤーが自由に目標などを設定できるサンドボックス型のMMORPGです。(現時点でサーバー人口1000人が目標?)

舞台は17世紀頃、ヨーロッパから大西洋を渡り、入植者が別の大陸を見付けたという設定になっています。

大きな特徴の1つは、クラス(職業)が存在しない事。提供される大量なカスタマイズを通じて、魔法でも近接武器でも爆発物でも利用することができます。

特徴の2つ目は工作システムです。プレイヤーは小さな前哨基地で生まれ、剣と知恵だけで生き残りを賭けることになるため、その世界で手に入る岩や樹木などから様々な物を制作していくことになるようです。
魔法のエリクサーや殺傷力の高い武器、広大な要塞まで幾多のアイテムを制作する」となっています。

デモプレイヤーは「Rust、Conan ExilesやArkの流れを汲んでいるようだ」と語っています。

特徴の3つ目はコミュニティです。プレイヤー同士のやりとり、ソーシャル機能に重点を置いている、としています。その為、ギルドは不可欠になりそうです。

ギルドを中心として拠点を作り、領土を広げ、その上に建設を行い、住民を管理して税を徴収する……このような内容になっているようです。

プレイヤー同士のやりとりには略奪行為も含まれています。PKが可能で、PKされると装備をドロップしてしまいます。ただし、賞金首のシステムもあります。詳細は分かりませんが、Ultima Onlineと比較できる、というヒントが与えられています。

戦闘については、アクションベースで、タブによるターゲットシステムではない、とされています。ただし、(ダークソウルのように)タブを押して特定のターゲットをロックできる、としています。

敵は人だけではなく、未知の大陸の生物たちでもあります。オープンワールドの世界は広大であり、オオカミや巨大なクマなどと、プレイヤーは徒党を組んで戦うことになるようです。

アメリカでは、アマゾンのページでαテストの受け付けも始まっているようです。普通にアマゾンの商品と一緒に並んでるのはちょっと驚きです。

販売

日本のアマゾンのサイトでは、検索に引っかかってきませんでした。

推奨設定は以下の通り。

推奨仕様

現在、スクリーンショットもいくつか公開されています。

まぁ……この、いかにも洋ゲーチックなキャラクターがなんとも「そそられない」のではありますが……(汗)

公式サイトを見ると、ツイッチやブロードキャストなどのゲーム配信にも焦点を当てている、と触れられており、「業績」や「報酬」という文字も見えます。もしかしたら、そのような配信によって収入を得られる仕組みが組み込まれてくるのかもしれません。

ただ、そうなるとどうしても「英語」や「スペイン語」あたりが有利になりますよね。コミュニティを作ってのPvPが避けられないあたりも考え合わせると、日本で展開されるかどうか……されるとしても日本語ローカルにはならないかなぁ、という気もいたします。

※ なお、当記事は自動翻訳を通じて得た情報を元にしておりますため、正確性については保証致しかねます。ご了承くださいませ。

それでは、今回はこのへんで。

参考元リンク

(すべて英語です)

業界のベテランCHRISTOPH HARTMANNがAMAZON GAME STUDIOSに参加

https://www.amazongames.com/industry-veteran-christoph-hartmann-joins-amazon-game-studios/

ニューワールドプレビュー

https://www.techadvisor.co.uk/new-product/game/new-world-3682676/

NEW WORLD PREVIEW FROM GAMESCOM SLIPS INTO THE WILD AS AMAZON ANNOUNCES ALPHA SIGNUPS

https://massivelyop.com/2018/08/21/new-world-preview-from-gamescom-slips-into-the-wild-as-amazon-announces-alpha-signups/

Amazon Game Studios

https://www.amazongames.com/


RPGランキング

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ