VegasPro13 BGMをつける

今回は「BGMの追加」について、です。

ほとんどの操作は、映像のイベントと同じ。

まず、取り込んでおいた音源を、「プロジェクトメディア」から「タイムライン」へドラッグします。

長さの調整と、フェードイン、フェードアウト、自動クロスフェードは、ビデオの時と全く同じです。

ボリュームを調整する方法は、おおまかに3つあります。

・ 「ボリュームスライダ」を使う

ボリュームスライダ

ボリュームスライダ

・「ゲイン」で調整する

ゲイン

ゲイン

でもここって、たいてい最大になっているような……音量下げる時しか出番が無い……。

・「ボリューム」プラグインを使う

ボリュームプラグイン

ボリュームプラグイン

これは、ボリュームスライダーやゲインの最大値を超えて音を大きくしたい時に利用できます。

まず「イベントFX」をクリックします。

プラグインの一覧から、「オーディオ」「すべて」→「ボリューム」を選択。

ボリュームプラグイン1

OK」をクリックします。

で、バーをドラッグすれば大きくなります。

ボリュームプラグイン2

が、正直これでも足りない、ということもあったりします。

そういう場合は「プラグインチェーン」が使えます。

プラグインチェーン」をクリックします。

プラグインチェーン

で、また「ボリューム」を選ぶのですが、今度は「追加」をクリックしてください。

プラグインチェーン1
追加」「追加」で、いくつでもつなげられます。

最後に、「OK」をクリック。

この画面で、更にそれぞれのボリュームを上げます。

プラグインチェーン2

これでかなり大きな音にできますよ。

ただし!

音を流してみた時、ビデオプレビューの右側にある「出力メーター」が赤くなっていたら、「音大きすぎ!」ということなので、ボリュームを抑えましょう。

出力メーター

・ 部分的に音量を変化

また、部分的に音を大きくしたり小さくしたりしたい場合は、「エンベロープ」を使います。

たとえば「音声」と「音楽」両方が流れる動画があって、「音声」が流れている時だけ、「音楽」のボリュームを絞りたい、とかいう場合。

オーディオトラックのヘッダー右クリック→「エンベロープの挿入/削除」→「ボリューム」をクリック。

エンベロープ

すると、紺色っぽい線が表示されます。

エンベロープ1
ここでボリューム調整もできます。
それから、右クリック→「ポイントの追加」をします。

ポイントの追加

どの部分に追加するかは、大体波形を見て判断してみてください……。

で、追加したポイントをドラッグして、こんな風に紺色の線の高さ調整すると……。

エンベロープ2

部分的に音を小さくすることができます。

追加したポイントを消す場合は、右クリック→「すべてリセット」です。

・ 早送り、スロー

早送りやスローは、イベントの末尾にカーソルを合わせて「CTRLキー+ドラッグ」です。

速度変更

エフェクトから「ピッチシフト」を使うこともできます。

ピッチシフト

ピッチシフト1

ピッチシフトする半音」の数字を上げると早くなります。

ピッチシフト2

以上です。


もっと本格的に音源を編集したい場合は、Sound Forge Pro 11.0というソフトがついていますので、そちらで。

SONYはもともとAV機器メーカーですから、VegasProも「音の編集には強い」という評判は聞いているのですが、文字編集より更に奥が深いので、このぐらいで……。


ゲーム動画 ブログランキングへ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする