【黒い砂漠】強化されたグラフィック映像が公開

黒い砂漠のグラフィックの未来

シリコンスタジオが公開したグラフィック映像です。

YEBIS Posteffects GDC 2017 Trailer

前半1分ほどが「黒い砂漠」での比較映像になっています。

リアルであってリアルでない、という印象ですね。

シリコンスタジオとパールアビスが提携した件については、当ブログの以下の記事でも少し触れました。

【黒い砂漠】台湾サービス開始と今後の展望
https://msfl.tokyo/blackdesert-taiwan

グラフィックの強化については2年前から検討されていたそうですし、今回映像も出てきました。

このグラフィック強化が実際いつ実装されるかは分かりませんが、今年中であることは確実な感じです。

「ポストエフェクト・ミドルウェア」とは

YEBIS」(エビス)は「ポストエフェクト・ミドルウェア」と呼ばれるもの。

ミドルウェア」は、OSとアプリケーションソフトの間で働くシステムのこと。
ポストエフェクト」は日本語だと「後化粧」と翻訳されるみたいですね。このブログでは「エフェクト」=「映像効果」としています。

どんな風に働くかは、もう映像を見ていただくのが一番早いのですが(笑)

オブジェクトのギザギザを綺麗にしたり、日の光や水面をもっとキラキラさせたり、金属の光沢など質感を強調したり、カメラの焦点を極端にしたり……そんな働きです。

素人考えでは、映像処理する上で「もっと綺麗にしたいのに」「こっちはよくてもあっちがダメ、調整難しいな」となってるトコロを、「現実よりもっとキレイにしますよ」「あっちもこっちもうまく処理しますよ」にしてくれるモノなのかな、と思っています。間違ってたらごめんなさい。

さいごに

オンラインに限らずゲームの宿命だと思いますが、開始して何年か経つと「やっぱりグラフィックは最新のゲームにかなわないよね」と言われてしまいます。

「ファンタシースターオンライン2」も、昨年5月にグラフィックを大幅強化しました。照明の切り替えができるなど、SS勢にとって嬉しい機能も追加されたようです。

黒い砂漠」も、2014年に韓国でオープンβが行われてから2年3ヶ月が経とうとしています。

黒い砂漠」には、もともと「フォトフィルタ」がついていたり、SS向き、撮影向きの設定やコマンドが色々用意されています。

【黒い砂漠スクリーンショット】画像形式と切り抜き(マスク)画像
https://msfl.tokyo/blackdesert-screenshot

アバター自体に独自のエモーションをつけるとか、他のゲームではほとんど聞いたことがありません。

でも、せっかくのそれらが、あまり活用されている気がしません。

黒い砂漠」でもグラフィックを強化すると共に、使い道を含めた「撮影用」の機能をより一層充実させてほしいところです。

現時点でも充分美しいですし、「パソコンのスペックが追い付かない」という方もいるでしょう。私も特に夏場はPCが悲鳴を上げそうです……。

しかし、今後もいくつかMMO-RPGの新タイトルが控えていることを考えると、こういうテコ入れも避けられないのでしょうね。

参考にさせていただいた記事・サイト

「黒い砂漠」,グラフィックスのリマスタリング映像を公開。シリコンスタジオの光学後処理ソフトウェア「YEBIS」を適用
http://www.4gamer.net/games/183/G018339/20170303133/

MMORPG「黒い砂漠(仮)」のOBTが韓国で12月17日から実施
http://www.4gamer.net/games/183/G018339/20141212028/

YEBIS3 公式サイト
http://www.siliconstudio.co.jp/middleware/yebis/jp/

シリコンスタジオのYEBIS導入例一覧には、真・三國無双やDARK SOULS、フィギュア ヘッズといったタイトル名もあります。



黒い砂漠(BLACK DESERT) ブログランキングへ



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする