次世代ハクスラ系MMORPG「ロストアーク」CBT2はじまる

韓国の新作MMORPG「LostArk」(ロストアーク)のCBT2が9月日から開始されることになりました。

Lost Ark Online」とは

韓国Smile Gateスマイルゲート)が開発を進めている、ハクスラ系(ハックアンドスラッシュ系)のMMORPGです。

※ 機械翻訳によるものなので、正確性については保証できません。また、今後仕様が変わる可能性もありますのであらかじめご了承ください。

ゲームの概要およびCBT1については、以前当ブログの別の記事にまとめましたが、公式サイトが更新されて追加された情報もあるので、重複個所もありますが再度まとめていきます。

CBT2間近?! CBT1が高評価! 期待のハクスラ系MMORPG「ロストアーク」

Lost Ark1次クローズドβテストおよび2次のスケジュール

CBT1は韓国にて、昨年2016年8月24日から8月28日にかけて行われました。韓国国内のみならず、海外からの潜入組も一定数いたようです。

テストは総じて高評価であり、今年2017年に期待されるタイトルとして欧米のゲームサイトでも頻繁に名前が挙がっていました。すでに英語によるWikiも存在します。

2次クローズドβテストの募集は8月25日から9月8日まで。9月13日(水)抽選結果発表。テスト期間は9月15日(金)から9月24日(日)までの10日間で予定されています。

CBT2では、各職のバランス調整やレイドの追加、フィールドボスの追加などCBT1コンテンツの強化と、新マップ、新クラスおよびストーリーやダンジョンの追加などが行われる予定です。

Lost Arkの世界

Lost Arkの世界では、全世界において「カオスゲート」の向こうに存在する悪魔の軍勢と人類の間で戦闘が繰り広げられています。英雄不在である現在の世界で、プレイヤーはかつて存在した「悪魔を打ち負かす箱舟」を探す冒険を始めることになります。

次元の狭間「カオスゲート

カオスゲート

カオスゲートが現れると、ミニマップとワールドマップでアイコンが表示されます。プレイヤーはゲートを通じて異世界に侵入し、悪魔の軍勢と戦うことができます。

Lost Arkには「好感度システム」が存在します。NPCに好感度アイテムをプレゼントしたり、楽器を演奏したり、ソーシャルモーションで感情を伝えたりして好感度をアップさせると、プレゼントをもらったり、隠しクエストを受注できたりするようになります。

Lost Arkの世界は東洋と西洋が入り混じっています。

荒涼とした土地もあれば、凍土に閉ざされた土地もあり、機械が発達した都市もあります。CBT1ではこのような様々な特徴をもつ「ルーテラン大陸」が舞台でしたが、CBT2ではそれが「海洋」に移ります。

航海日誌1

下にある黄色い斜線部分がCBT1で開かれた地域「ルーテラン大陸」です。青い枠線で囲まれた部分が、今後CBT2で明かされる地域になります。格段に広さが違うことがわかります。

メインストーリーによって、プレイヤーは「ルーテラン大陸」の東から、航海へ赴くことになるようです。

海の冒険と様々な海洋コンテンツ

最初は「エストーク」という船が得られるそうです。

エストーク

その他にも性能や特徴、外見の異なる様々な種類の船舶が用意されています。船の性能をアップグレードさせる方法も用意されているようです。

エイボンの傷

エイボンの傷」という名の船舶。一見幽霊船のようですが……?

また、船を動かすのに「船員NPC」が必要なようです。

船員

船員NPC一例

NPCの能力は一様ではなく、優秀な船員を雇用するためには、船員の居場所を突き止めたり、何かを用意しなければならなかったり、親密度を上げなければならなかったりするようです。

大航海時代オンラインっぽいですね……。

航海日誌2

海には大小の島々があり、それぞれに物語を抱えているようで、フィールドのビジュアルも大きく異なり、その島でしか入手できない宝物などもあるようです。嵐で難破する可能性もあり、海には大型の海獣もいるようです。

いかにも「冒険」という感じでいいですね!

航行中はキャラクターが操舵するのではなく、プレイヤーが船そのものになる形式のようです。

戦闘とクラス(職業)について

Lost Arkでの戦闘は、斜め上から見下ろす形(クォータービュー)です。視点を変えられないのが好みではない方もいると思いますが、動画を観た限りでは、戦闘にスピード感と打撃感があって、個人的には不満は感じませんでした。

左クリック攻撃、右クリック移動で、8つのショートカットにスキルをセットして使う形のようです。 各職のスキルツリーやスキルバランスなどは、CBT2で調整が入っている可能性大です。

Lost Arkでは「Tripod System」(三脚システム)を採用しています。3つのスキルをつなげて効果を強化したり、変化させたりできるものです。

ブラスター戦闘

スキルレベルを上げていくと、4、7、10レベルごとにスキルを変化させることができる選択肢が与えられ、この組み合わせによって、同じスキルでもさまざまな形へと進化させることができます。

各クラスには様々なスキルが存在しますが、そのうち3つを選んでつなぐことにより、スキルに異なる効果、たとえば炎属性とか氷属性とか……を付与することが可能です。

スキル効果の付け替えは、戦闘中以外随時可能です。

Lost Arkは職業によって性別固定です。6つの基本クラスがあり、それぞれから派生する3つのクラスが存在します。つまり、最終的には合計18の上位クラスに分かれることになります。

基本クラス

CBT1の時点では、転職システムなどは用意されていませんでした。

以下、現時点で分かっているクラス職業)を列挙していきます。イメージしやすいように「近接物理」「遠距離魔法」などと記述しましたが、実際のところはどうか分かりませんので、あらかじめご了承ください。

ウォーリア(♂)

名前の通り「戦士」で、近接物理職です。ウォーロードバーサーカーデストロイヤーに分かれます。

ウォーロード

ウォーロード

PTの先導役、いわゆるタンカーです。防御に優れ、ヘイトコントロールのスキルを持ちます。PTメンバーのダメージを肩代わりするスキルも持っています。武器は盾とランスです。

バーサーカー

バーサーカー

攻撃力とスピードに優れています。「怒りモード」が存在し、怒りゲージを溜めて強力なスキルを放つことができます。武器は両手剣です。

デストロイヤー

デストロイヤー

バーサーカーより敏捷性では劣りますが、強力な攻撃力と防御力を誇ります。「重力モード」が存在し、重力ゲージが溜まると、自らを強化し、相手を弱体化させるスキルが発動できます。武器はグラビティハンマーです。

ファイター(♀)

近接物理職で、パンチを武器にするいわゆる格闘家クラスです。バトルマスターインファイターに分かれます。残り1つは明らかになっていません。

バトルマスター

バトルマスター

速い動きの接近戦を行うクラスです。アサシン系ですね。空中コンボを操ります。武器はエレメンタルガントレットです。

インファイター

インファイター

攻撃、防御、機動力のバランスのとれた職業です。正統的な格闘家クラスということですね。武器はヘビーガントレットです。

ガンナー(♂)

遠距離物理職。重火器を操るクラスです。デビルハンターブラスターに分かれます。残り1つは明らかになっていません。

デビルハンター

デビルハンター

状況に応じて、ダブルハンドガン、ショットガン、ライフルの3種類の銃を使い分けながら戦います。武器によってスキルが異なり、たとえばハンドガンなら広い範囲を高速で攻撃でき、ショットガンは近い敵に大きなダメージを与えることができます。ライフルは遠く離れた敵をけん制したり、とどめを刺したりするのに適しています。

ブラスター

ブラスター

巨大なメカランチャーと様々な特殊重火器を使用します。強力な火力と広範囲の爆発を攻撃に用います。遠距離クラスにしては防御力に優れているのも特徴です。ただしその分、機動力では劣ります。

マジシャン(♀)

遠距離魔法職、いわゆるウィザードです。バードアルカナサマナーサモナー)に分かれます。バッファー、ヒーラーもここに含まれます。

バード

バード

PTのサポート役。武器はハープです。音楽の力で敵を攻撃したり、味方を治癒したり、バフをかけたりします。攻撃力はやや低めです。

アルカナ

アルカナ

遠距離と言うより中距離魔法職です。カードを武器にします。俊敏さを武器に、敵にカードを叩き込み、スタックを溜めて爆破させるスキルを持ちます。カードには様々な効果を持つカードが存在し、攻撃ゲージが溜まるとランダムで一枚カードを引くことができます。どんな効果をもつカードが出るかは、誰にも分かりません。選ばれたカードがPTの運命を左右します。

(「ランダム」って(汗) ……すごい地雷職になりそうな気がしなくもありません……)

サマナー

サマナー

精霊を使役します。武器は両手杖です。PTでは、補助ディーラーやタンカーの役割を担う精霊を召喚することができます。体力、防御力共に低く、常に敵から一定距離を維持する必要があります。

残り2つの基本クラスは、まだ公開されていません。

総じて、デザインは悪くないと思います。日本でも受けは良さそうです。性別固定なのが残念ですね。公式サイトでは美麗なコンセプトアートも公開されています。

ファイターコンセプトアート

ファイターコンセプトアート

CBT2では、サマナーアルカナデストロイヤーが追加になる予定です。

キャラクターメイキング

キャラクターメイキングは、まずテンプレートからひとつ選択し、髪型や顔のパターン、肌の色、タトゥーなどのアクセサリーを選んで組み合わせるタイプです。

以下はマジシャンのテンプレートの一例です。

マジシャンテンプレート例1

まず、テンプレートから1つ選択します。

マジシャンテンプレート

次に顔面のパターンと肌の色を選びます。

マジシャン顔パターン

MIN-MAXと書かれたバーがありますが、肌の光沢だと思われます。CBT1の動画では違いがハッキリしているものが見当たらなかったので、まだ未実装だったのかもしれません。

髪型と髪の色を選択します。

マジシャン髪型

バーで髪の光沢の多少を変更できます。

髪の光沢

……何故ここを変えられるようにしたのでしょうね……?(汗)

ガンナーの髪型選択画面です。

ガンナー髪型

次にアクセサリーを選択します。

マジシャンアクセ

マジシャンは耳の種類を変えられるようですが、他の職業だと選べるものが異なります。

ファイターの例

ファイターアクセ

鼻ピアスや眼帯、イヤリングなどが選べるようです。

ガンナーの例

ガンナーアクセサリー

ひげの種類やサングラスなどが選べます。

ここでイヤリングやサングラスを選んだら、もうずっと外せないのでしょうかね……?

このように、キャラクターメイキングの幅は広くないようです。もともと整っているのでそこまで気になりませんが、最近のゲームとしては少々物足りない気もします。はたしてCBT2では変更があるでしょうか……。

【追記】CBT2ではキャラクターメイキングも改善され、オッドアイなども可能になっているようです。

Lost Ark ALL Characters Customization CBT2

生活コンテンツ

CBT1で、LostArkには制作コンテンツがあることが分かっています。アバターにはそれぞれ固有の能力があり、用途によって外見だけでなく、能力も分かれます。

アバターの例

衣装

また、公式の発表から、島を所有したり、そこに家を建てたりできることも明らかになっています。船の制作もあります。

材料は主に採集(採掘・伐採など含)によると思われます。

Life Level」(生産レベル)なるものがあり、このレベルを上げることで、採集や採掘、釣りなどのバリエーションを広げることができます。たとえば、釣り竿での釣りからレベルを上げて網漁が可能になる、といった具合です。釣りがあるからには、料理コンテンツもあるでしょう。

さらにCBT2では、狩猟考古学が追加される予定です。従来の「生産レベル」とは少し異なる性質のものになるようです。考古学とは面白そうですね。


……以上になります。CBT2の続報など、また記事にしたいと思います。CBT2でこのボリュームはすごいと思いますね。
なお、日本でのサービスに関しては未定です。

参考にさせていただいたサイト

ロストアーク韓国公式サイト
http://lostark.game.onstove.com/

ロストアークYouTube公式チャンネル
 https://www.youtube.com/channel/UCL3gnarNIeI_M0cFxjNYdAA

YouTube公式チャンネルでは、CBT1や今までのトレーラ映像、ロストアークのBGMなどが公開されています。

ロストアークBGMLOST ARK Soundtrack~メインテーマ)



RPGランキング



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする