今、割と本気で「一太郎」

最近、わりと本気で購入を考えているのが「一太郎」です。

一太郎とは

一太郎」とは、ジャストシステム社が開発した、国産の「日本語文書処理ソフト」のことです(本社は徳島)。

一太郎

一太郎」はかつて、日本でトップシェアを誇る文書作成ソフトでした。特に「一太郎6.3」は使い勝手がよく、優秀な日本語入力システムATOK」とともに人気でした。

徳島出身の方にちらっと伺ったところ、かつてジャストシステムの就職は超がつく難関だったそうです。東大や京大といった一流大学出身者じゃないと入れないとか……。今はわかりませんけれどもね(笑)

しかし、OSのWindows95発売と同時期に、一太郎を強く意識したWord95が発売され、
当時すでにシェアを独占しつつあった表計算ソフトExcelとの抱き合わせ販売手法によって、
徐々に市場を奪われていきました。
(後日、抱き合わせ販売は禁止されました)

ジャストシステムはその後、「一太郎7」でWordを意識しすぎた改変を行い、評価を下げてしまいます。

一太郎と相性の良いイメージの強かったNECのPC-98シリーズが終焉を迎えたり、一太郎とセットで使われることの多かった表計算ソフト「Lotus 1-2-3」の販売が終了したり、マイクロソフトが公認資格試験を始めたりして、一太郎はほぼ、その姿を見なくなりました。

ただし、一部の官公庁や企業では今でも根強く使われています。

人が話しているような音声読み上げソフト

と、いうわけで、私も「いまどき一太郎はちょっとね……」と思っていましたが、
一太郎の公式サイトを見たら、結構面白い!

特に、読み上げソフトの「詠太」。

これを作っているのは「HOYA」なんですけれど、HOYAのほうは個人での購入ができません。

HOYAには、スペイン語や中国語なんてものありますが、一太郎にバンドルされている声は、全部で4種類です。

詠太

米国女性1つ、日本女性2つ、日本男性1つ。

SHOW」という男性の声は「モヤモヤさま~ず」のナレーションでも使われています。(公式サイトで視聴ができます)

音声の書き出しはできないようですけれど、このあたりがクリアできれば、と~っても欲しいです(笑)

英語の読み上げソフトが欲しいとずっと思っているのです。
もちろん、動画に使うためですよ!

日本語の文書作成能力はさすが。やっぱり日本語に限ったら、文書作成能力はWordより上ですよね。

「Wordって使いにくいよね」という声は根強いです。「だからExcelで文書作ってる」という声も。

フォントの使用許諾範囲がはっきりしているのもいいですね。マイクロソフトはこの辺ちょっとあいまいで……使っていいかどうか迷う(汗)

エヴァンゲリオンの字体が使えるそうですよ。

一太郎字体

そもそもマイクロソフトが日本語文書を重視している気が全然しません。日本から相当、お金が行ってるはずなんですけどね~。

最新バージョンのオフィス2016はダウンロード販売しかしません。(店で買おうとしても、コード番号付きのカードを渡されるだけで、結局家のPCでダウンロードすることになります)

ネット繋がってない人はどうするつもりですかね?

おまけにOffice 2016 をインストールすると、Office 2013 がアンインストール (削除) されます。私は泣く泣く2013消しましたよ、仕方ありませんからね。

どっちもお金払って買ったのに!?」って思いますよね~。

オマケにマイクロソフトは今、Office365にものすご~く力を入れていて、とにかくそっち推し。Office365は、Adobeみたいに月額いくら、という形で「ソフトを使う権利を買う」って感じになるんです。そのかわり、常に最新版が使える。……でも個人ユーザーでこんなの必要ですかね? で、こちらの方ばっかりどんどん新規機能追加してる……気がするので、ちょっと気に入らないんですよ。

Office365のサイト、すごく見づらい。自動で日本語になってくれないページも多いし。いちいち右上で言語選ばせないでほしいです。一太郎のが分かりやすいですね。センスはいまいちですけど(笑)

マイクロソフトの個人ユーザー軽視が、最近つくづく嫌になっていて、これが「一太郎ユーザーになろうかな~」と気持ちを傾かせる大きな原因でもあります。

ソフトウェア対比

ちなみにジャストシステムマイクロソフトでは、以下のような対比になっています。

一太郎=Word
JUST Calc(三四郎)=Excel
花子=Visio
五郎=Access
Shuriken=Outlook
JUST Focus=PowerPoint

JUST CalcとJUST Focusは比較的後発のソフトで、三四郎と五郎は今はありません。

正直、Excelなんて一般家庭で使わないしGoogleのスプレッドシートで充分じゃん、と思わなくもない……PowerPointだけは無いとちょっと困りますが(笑)

一太郎ラインナップ

詠太」付きで「Word」から乗り換えとなると、「一太郎プレミアム」か「一太郎スーパープレミアム」のラインナップになりますね。

通常版、特別優待版、バージョンアップ版、アカデミック版とあり、マイクロソフトユーザーは特別優待版が使えるようです……が、詳細は公式サイトをご覧ください。(以下はAmazonリンクです)

一太郎スーパープレミアムラインナップ

一太郎プレミアムラインナップ

さいごに

一太郎は毎年新バージョンが発売されます。一太郎2017は今年2月に発売されています。同社のホームページビルダーもやはり毎年です。ATOKもそうですね。マイクロソフトのWordやExcelなどオフィスソフトが3~4年に一度のアップデートなのに比べるとかなり頻繁です。

これがかえって購入のタイミングを奪ってしまっている気がします。あとは価格かな、Officeは安くなりましたからね(笑)

2017の新機能に心惹かれるものがなかったら、2018まで待ってみるのもいいし、2017で慣れておいてバージョンアップするのでもいいかな、と思います。



人気ブログランキング

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする