pixivFACTORYでオリジナルマグカップ作ってみました

サムネTidBit 日常ネタ

pixiv……の説明は、さすがに不要かと思いますが、pixivFACTORYは画像からグッズが作成できるサービスです。

ものづくりがもっと楽しくなるアイテム制作サービス - ピクシブファクトリー - pixivFACTORY
pixivFACTORY(ピクシブファクトリー)とは、pixivと連携した、ものづくりがもっと楽しくなるグッズ制作サービスです。入稿に関する知識がなくても、画像をアップロードするだけで、簡単に高品質なグッズをつくることができます。

こちらで、マグカップを作ってみました。

出来上がったのが以下です。

マグカップ

 

素材

写真だとちょっと黄ばんで見えますが、もっと白くてドッシリという感じです。

このような箱で届きます。

箱

 

現時点(2020/4/21)で作れるアイテムは文具、衣類、日用品など65種類。

種類

1回ごとの受注生産方式です。

使用可能な画像についてはピクシブファクトリー公式のヘルプセンターを参考になさってください。

Security check

 

マグカップの製作画面

作成画面

画像を差し込んだところ。

作成画面2

このあと、プレビュー保存、でアイテム完成です。その後注文するかどうかは自由です。

画像は解像度350dpiのRGB、PNG形式。

 

私は仕様を見てサイズを合わせて作りましたが、印刷面を覆う、印刷面に収める、で拡大縮小されます。縦横比率は固定です。

サイズ

 

マグカップの線の再現度はどの程度ですか?

Security check

この注意書きのように「線が細いと滲むかも」と言われたので、絵は一応5ピクセルぐらいの線で描きました。

どうなるかな」と思っていましたが、予想よりしっかり線が出てます。全然問題ないですね。

写真が下手糞なので説得力ないかもしれませんが、思ったよりもずっと色鮮やかに印刷されています。

 

費用はこんな感じです。

価格

これに配送料がプラスされます。

家人に見せたところ「受注生産にしてはお手頃価格」という感想でした。

私もそう思いますが、「ちょっと高いな」と思われる方は、たまに割引セールや割引クーポン配布といったキャンペーンも行われているので、そちらを待ってみてもいいかもしれません。

注文したのが4月4日、発送されたのは4月15日でした。

今は新型コロナの影響やゴールデンウィークもあって、やや遅れ気味なようです。

 

また、pixivFACTORYで作ったグッズはBOOTHで販売することも可能。

keikei workshop - BOOTH
オリジナルデザイン商品です。Men But Children マグカップ(オリジナル)(¥ 1,580), Women And Time マグカップ(オリジナル)(¥ 1,600)

私も、上記と少しだけデザインを変えたモノを並べてあります。

この時の販売価格は自分で作る時より高くなりますが、それはこういう内訳だから。

※ 販売例

料金

自分で操作できるのは受け取り金額の部分のみ。ちなみにマグカップだと、200円以下にはできません。(アイテムによります)

BOOTHで「すごいなー」と思ったのがプレビュー画面。

プレビュー1

画像が5つありますが、左側4つは自動で作られたモノ。

私が追加したのは最後のこの↓元絵のみです。

プレビュー2

最近は本当に色々なことがWEBで出来るようになりました。こういうサービスを見ると、つくづく自分でモノを作るハードルが下がったなぁと感じますね。

グッズづくりは楽しい! まぁ、「沼」の気配濃厚ですが(笑)

それでは、今回はここまで。


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました