ブログを丸パクリされました?【追記あり】

タイトルの通りです。「ブログ記事」ではなく「ブログ」そっくり、です。が、なぜ疑問形なのかといいますと、現時点では「どうやらパクられていたらしい」痕跡があるだけだからです。

Googleの「Search Console」というところで見つけました。

Search Console とは(ヘルプページです)

サイトへのリンク」情報を見ていましたら、以下の表示が……。

リンク1

んん? このアドレスは?」となりまして……。

当ブログのドメインは「msfl.tokyo」です。「xyz」というのは記憶にございません。

独自ドメインは、サーバーにお金を払って借りているモノです。「.com」とか「.jp」とか「.net」とかいろいろあります。

「xyz」というドメインは初年度激安なのですが、アダルトサイトやアングラっぽいサイトでよく使われていると聞いたので、初めから私の選択肢にはありませんでした。

たまたまドメインが似ていたとしても、うちへリンクが貼られているのは解せません。

アドレスで検索してみたところ、以下のような検索結果が……。

検索結果

ええ、もう完全に丸写しです。ブログ名まで同じとか、何がしたいのかなぁ……?

ただし、リンクからそのブログへ飛んでみると「お名前ドットコム」しか表示されません。

リンク

まさかこのバナーを踏ませたいのでしょうか……?(汗)

キャッシュを見てみると以下の「痕跡」がありました。

キャッシュ

ドメインで検索してみると、次のような情報でした。

Whois情報

ひと月ほど前に作られたようですね。

どうも、その後消したか消されたかしたようで、現在は「跡地」しか存在しないようです。

ブログの記事をパクられるのは3、4回目ぐらいです。ですから、感想としては「またか」です。

以前RMTサイトにブレソの記事を丸パクリされた時は、Googleの「著作権侵害による削除」というのを依頼しまして、検索結果にかからなくしてもらいました。(Googleアカウントが必要です。)
今回はすでに「跡地」なので削除依頼するまでもないところですが、気分のいいものではありませんね。

Googleの方で「ブログ所有者の確認」は済ませてありますけれども。

しかし、パクリブログにわざわざ独自ドメインをねぇ~(笑)

ちなみに「.xyz」が激安なのは初年度だけで、2年目になると「.tokyo」よりも費用が高くつきます(笑)

ので、おそらくこの、どこかのだれかが取得したドメインは「もってせいぜい1年」でしょうね。

【追記】

変化がありましたので、追記を。本日(2018/03/18)、例のxyzのサイトを見てみたところ、「ゲーム速報ニュースあんてな」というまとめサイトになっていました。

ただし、やはり別のサイトにそっくりリンクを貼っているようで、そこかしこに「http://gamelove.work/」というアドレスへのリンクが見られます。名前からしてもフェイスブック情報からしても、こちらが本来のドメインだと思われます。

ゲーム速報2

ウチのように直リンクで丸パクリされているのか、それともミラーサイトかなにかとして承知の上でなのか、私には分かりませんが……たぶん前者だと思われ……。

mslf.xyzで検索すると、出てくる概要は未だに当ブログのものなのですが、リンクを踏むと「ゲーム速報ニュースあんてな」ソックリサイトへ飛ばされてしまいます。大変紛らわしい状況になっておりますが、はっきり申し上げておきます「当方とはまったく無関係です」。

上記とは別件になりますが、当ブログの以下の記事が、ある方のブログに「引用」されていました。

平成30年の年賀はがきデザインの注目点はココ!

さて、以下の画像をご覧ください。

年賀状記事

青い枠で囲った部分が、その「引用先のブログ記事全文」です。ハッシュタグまで含めています。そして、赤い枠内が「当ブログ記事の引用元部分」です。

文章部分は灰色で塗りつぶしてあります。「文章」です。

「引用」にはいくつか要件があります。たとえばそのうちのひとつが引用の「正当性」です。

文化庁のサイトには以下のようにあります。

引用部分とそれ以外の部分の「主従関係」が明確であることや、引用される分量が必要最小限度の範囲内であること

文化庁「著作権なるほど質問箱」より

他の「引用」要件についてはここでは説明しません。検索すれば分かりますのでね。

先方記事内の画像は、「総て」当ブログの画像に「直リンク」してありました。年賀状の記事ですからとうに旬は過ぎておりますが、アメブロとみんカラとかいうところに同じ内容で投稿されていましたので、Googleに「マルチ投稿での被リンク稼ぎ」と判断されても困りますのでね、元画像は消去させて頂きました。

しばらくはキャッシュが残るかもしれませんが、最新の情報に更新すればリンクが切れているのが分かると思います。

画像ぐらいはご自身でご用意くださいませ。年賀状の一枚や二枚、お手元にありますでしょ?

なお当方の記事は、最初に掲載した後、何度かリライトしております。

まあ、何年かに1回ぐらいはウチ程度のブログでもこういうコトが起こります。が、何年かに1回だとしてもウンザリしますね。

やれやれ、です。それでは。



人気ブログランキング

スポンサーリンク





フォローする

関連コンテンツ