【簡単・無料】画像加工・編集サービス「Fotor」でTwitterカバー作ってみた!

画像を加工・編集できるサービス「Fotorブラウザ版で、Twitterカバーを作成してみました。

Twitterカバーというのは、プロフィール画面上部のこれ↓のことです。

プロフィール画面

Fotor」には、ブラウザ版、Windows版、Mac版、アプリがあり、いずれも無料で使うことができます。今回は、アプリをDLする必要のないWEB上のサービスを使わせてもらっています。

Fotorとは

Photoshopのように高機能の画像編集や加工が行えるサービスですが、難しくはありません。ブラウザ版ならネット環境があればどこでも使えてハードの容量を食うこともなく、ソフトを起動する手間も要りません。

以下が「Fotor」公式サイトです。

Fotor公式トップ

フォトエディタとデザインツール、とありますが、Fotorで行える操作は3つ、「編集」「コラージュ」「デザインです。

編集

編集

コラージュ

コラージュ

デザイン

デザイン

ページを行ったり来たりしていると「英語」になってしまうことが時々あるので、上の画面なら左下の「言語」で、トップ画面なら右上の「言語」で日本語にするといいです。

言語

また、作成した画像を保存したりシェアしようとするとユーザー登録するよう促されますので、あらかじめ登録しておいた方が面倒がないです。

保存

ユーザー登録自体は無料です。

ユーザー登録は公式トップ右上の「ログイン」を選びます。

ユーザー登録1

上のような画面が出ますので、「登録」をクリックします。

ユーザー登録2

メールアドレスとパスワードを入力し「登録」をクリックすると、入力したアドレス宛に「Fotorアカウント有効化」というメールが届くので、文中のリンクをクリックすれば登録完了です。ちょっとメール内の漢字が微妙に違ってたりしますが……(汗)

ログイン状態になり、「マイアカウント」が使えるようになります。

マイアカウント1

なお、続いて以下のような画面が出ますが、無料で使用する場合は閉じてしまいます。有料化については後述します。

課金3

使い方

さて、では使い方を見ていきましょう。

今回はTwitterカバーを作成したいので、「デザイン」を選びます。

デザイン

もしくは公式トップページを下へスクロールしていくと以下の画面が出るので、そこからリンクを辿ることもできます。

ツイッターカバーリンク

こちらからだと「ツイッターカバー画像」というページでワンクッション入ります。

ツイッターカバー

では、デザインを編集します。

最初にカバーの「テンプレート」を選びます。

テンプレ

画像や要素は個別に編集できるので、たとえば風船のイラストを移動したり、色を変えたり、背景に自分の好きな画像を取り込んだりすることも可能です。

宝石マークのついているものはプレミアムコンテンツ(有料)です。無料で使えるものもありますが、その場合「Fotor」の透かしロゴ(ウォーターマーク)が入ったりします。

課金

自分で用意した画像を使いたい場合は、上部にある「開く」か、右側にある「インポート」をクリックして取り込みます。

ツイッターカバー編集画面

インポートした画像は「Fotorクラウド」に入ります。

クラウド

クラウドの方で画像をアップロードしておいてもいいですね。

インポートした画像は位置・サイズ変更、加工・修正などが行えます。

色調や明るさ、コントラストなど細かく編集することも可能です。

編集1

黒い砂漠©Pearl Abyss Corp.

次に「ステッカー」です。

ステッカー1

季節のオブジェクトやハートの画像など色々あります。

ステッカーは、サイズを変えたり、影をつけたり、影の色を変えたりもできます。ステッカーそのものの色を変更する事も可能(一部できないものあります)

ステッカーなど「ものすごく種類がたくさんで探すのが大変」という場合は「検索」を使うといいと思います。

検索窓

ステッカーの中でとりわけ便利だと思ったのは「IMAGE SHAPE」と「IMAGE GRIDS」です。

ステッカー

以下のように「IMAGE SHAPE」からひとつ取り込んで、サイズを変えます。

編集4

次に、画像を「IMAGE SHAPE」の図形の中までドラッグすると、自動的に図形内に納まります。

編集5

収めた画像は拡大できますが、図形のサイズからはみ出した部分はトリミングされます。

編集6

また、図形のサイズより画像を小さくはできません。

プレビュー2

こんな感じになります。

次に「テキスト」ですが、これはまぁ、ご覧の通り。

テキスト

フォントや文字色、位置、サイズなどが変えられます。

最後に「背景」です。

背景
ま、これもご覧の通りですね。

こちらもステッカーや画像などと同様、色や透明度を変えたり、回転・反転、サイズ変更が可能です。

編集が済んだら「プレビュー」で確認します。

スマホで見た状態と。

プレビュースマホ

PCで見た状態が分かります。

プレビューPC

(プレビューで確認しても、画像の端っこが切れてる……ということも正直あります。そういう場合は、後述しますが、自分の作品がFotorクラウドに保存されているので、そこから作品を開いて手直しすることになると思います)

デザインサイズを自動的に~」というところから「リサイズ」もできます。

たとえば以下は「YouTubeサムネイル」に切り替えてみたところ。

デザイン変更1

リサイズ」はデザイン画面の下にある「リサイズ」ボタンでも行えます。

デザイン変更2

確認が終わりましたら、「保存」します。

画面上にある「保存」をクリックすると、以下の画面になります。

保存1

ファイル名をつけて「ダウンロード」をクリックすると、保存のダイアログが開くので、保存場所を指定して保存します。

作った作品は、Fotorクラウド上の「自分の作品」にも入ります。

公式トップ右上のアカウントのボタンから「自分の作品」を選ぶと自作品を見ることができます。

マイアカウント1

クラウド画面

編集画面上部にある「シェア」ボタンをクリックすると、以下のような画面になり、クラウドに保存した作品へのリンクをツイートしたりすることもできます。

シェア画面

デザイン編集画面では、右上にある「ページ」→「ページを追加」することで、一度にいくつもの作品を作ることもできます。コピーボタンもあるので、同じ作品の「加工違い」にすることも簡単です。

ページ1

黒い砂漠©Pearl Abyss Corp.

ツイッターカバー完成例

出来上がったTwitterカバーがこちら↓!

ツイッターカバー完成1

私のTwitterアカウント、只今これになっております。

9月

プレビュー見ても分からないのですが、実際は少し内側気味に配置しないと、四隅が切れます。あと左側にプロフィールアイコンが食い込むので、右側をメインにした方がいいですね。

さて、このように無料の範囲でも十分だと思いますが、プレミアムコンテンツをロゴ無しで使いたいとか、画面に表示される広告を消したい場合などは有料になります。

※ Everimaging Co., Ltd様より有償版をご提供頂いています

プレミアム機能を使うには

編集画面右上の「いますぐ更新!」ボタンとか「広告を削除」ボタンとか、割とどこにでも課金ページへのリンクがあるので、いずれかをクリックすれば有料化のページに進みます。

課金3

支払いは月額または年額で。オンライン決済サービスの「Stripe」か「PayPal」が使えます。

関連記事

PayPal利用~海外サイトで初めての買い物

支払いが済むと完了のメッセージが表示され、「PRO会員へようこそ!」というメールが届きます。

課金完了

課金メール

有効期限は「マイアカウント」で確認ができます。

マイアカウント

YouTubeチャンネルアートもこの機会に変更してみました!

チャンネルアート

黒い砂漠©Pearl Abyss Corp.

テレビ画面で見るのが一番キレイなのでしょうが、こればかりは仕方ありませんね。

それでは、今回はこのへんで。

情報元リンク

Fotor公式サイト

https://www.fotor.com/jp/

Fotorコラージュページ

https://www.fotor.com/jp/collage/index.html

FotorTwitterカバー作成ページ

https://www.fotor.com/jp/features/twitter.html

Fotor 公式Twitterアカウント


昨年は当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
本年もどうぞよろしくお付き合いの程、お願い申し上げます。


人気ブログランキング

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ