世界の美術館・博物館が公開! 無料で自由に画像を利用できるサイトまとめ

各国の美術館・博物館・図書館が、無料で画像を公開しているサイトをまとめてみました。

ロートレック-min

ほとんどが商用利用も可能ですが、最後の「スミソニアン博物館」だけ商用不可です。

詳細は実際のサイトでご確認の上、ご利用ください。

メトロポリタン美術館

http://www.metmuseum.org/

トップページから、「ART」→「Collection」を選びます。

メトロポリタン1-min

メトロポリタン2-min

左側にあるメニューからShow Only「Public Domain Artworks」にチェックを入れます。

メトロポリタン3-min

自動的に絞り込まれるので、その中から落としたいものを探します。
Public Domain」と書かれているのが確認できたら、「Download」をクリックします。

メトロポリタン4-min

「Enlarge」というのは拡大表示・全画面表示のことですね。

別画面で画像が開くので、右クリック→「名前を付けて画像を保存」します。

JPEG形式で保存されます。

元の画面で下にスクロールすると「Related Objects」(関連オブジェクト)とあって、似たテイストのものを探すことができます。

ニューヨーク公立図書館

https://digitalcollections.nypl.org/

ニューヨーク公立図書館1-min

トップページを下にスクロールすると、「PUBLIC DOMAIN PICKS」という項目があるので、「SEE MORE」をクリックします。

ニューヨーク公立図書館2-min

落としたい画像を開いたら、サイズか形式を選びます。

ニューヨーク公立図書館3-min

JPEG形式のほか、TIFF形式が選べます。

大英図書館(flickr)

https://www.flickr.com/photos/britishlibrary/

写真を投稿・共有するコミュニティサイト「Flickr」(フリッカー)の「大英図書館」のページです。

大英図書館1-min

落としたい画像をクリックしたら、右のほうにある下向きの矢印ボタン「↓」ダウンロードボタンをクリックします。

大英図書館2-min

このようにダウンロードする画像のサイズが選べます。

大英図書館3-min

JPEG形式で保存されます。

こちらはFlickrで行われている「The Commons」というプロジェクトの一環で、大英図書館の他にも、「デンマーク国立博物館」や「米国国立公文書館」など、資料・写真を無料公開している組織がたくさんあります。

The Commons
Help us catalog the world’s public photo archives.
https://www.flickr.com/commons/usage/

上記のページを下のほうまでスクロールすると、「Participating Institutions」(参加機関)というものがあります。

この一覧に掲載されている施設による投稿物は、基本的にパブリックドメイン(のはず)です。

詳細は各「Rights Statement」(権利声明)で確認が必要ですが。

ざっくりまとめると、「著作権はハッキリしないけど50年経ってるから黙認するよ」「この写真を悪用しないでね」「著作権は国によるよ」「この写真が元でトラブルになっても責任はもてないよ」「引用元の記載には協力してね!」というようなことが書いてあります……たぶん(笑)

Internet Archive Book Images(flickr)

https://www.flickr.com/photos/internetarchivebookimages/

インターネットアーカイブ-min

同じくflickrより。

インターネット上のあらゆる情報を保存し、無償で資料を研究者や歴史家に提供している非営利団体「インターネット・アーカイブ」によるページです。

過去500年にわたって発行された書籍から画像を抽出したものです。
めちゃめちゃたくさんあります……(汗)

ダウンロードする方法は、上の大英図書館と同じなので割愛します。
また、Flickr自体のトップページから、検索窓に「CC0」とか「Public domain」と入力して検索すれば、著作権フリーの写真を見ることができます。

本当にパブリックドメインかどうかは、実際の画面でご確認くださいね。

Flickrにアクセスすると、やたらYahooが出てきますが、Yahoo!Japanとは現在無関係のようです。ログインもできません。

実際、日本語にも対応していませんしね。中国語とハングルはあるのにね……。

スミソニアン博物館

http://www.asia.si.edu/collections/edan/default.cfm

非商用に限り、自由に利用可能なものに「スミソニアン博物館」の画像ギャラリーがあります。

スミソニアン-min

左下のほうの「Collection Areas」から国や地域が選べます。

ダウンロードしたい画像を開いたら、下のほうにある「Save this image」をクリックします。

スミソニアン1-min

別画面で画像が開くので、右クリック→「名前を付けて画像を保存」します。

JPEG形式で保存されます。


以上になります。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする