VegasPro13 映像を左右反転する方法

他社のソフトからVegasProへ移行してきた場合、戸惑うのが「左右反転」。他社では「左右反転」とか「ミラー」とか言ったりすると思います。

VegasProでは、「反転」を「フリップ」と呼びます。

VegasPro上で、映像を左右反転したり、上下反転する操作は、「ビデオFX」からではありません!

他社製品の感覚だと迷いますよ~(汗)

では、以下で実際に映像(画像)を反転するやり方を見ていきますね。

  • 左右反転、上下反転

イベントのパン/クロップ」を使います。

左右反転1

イベント上右クリック、または「イベント パン/クロップ」のマークでクリックします。

開いたダイアログの画像上で右クリックし、メニューから「水平方向にフリップ」または「垂直方向にフリップ」を選びます。

左右反転2

これで映像(画像)が、左右か上下に反転します。

ダイアログボックス内では、「」の字が反転するだけで画像の向きは変更しないのですが、「ビデオプレビュー」を見ると、ちゃんと映像(画像)が反転していることが分かります。

左右反転3

操作場所さえ分かれば簡単ですよね。では、以上になります。


私、プレミアエレメンツではかなり反転を使っていましたし、撮影していても「編集時に反転すればいいか~」って感じで撮っていたりすることもあったので、いざVegasProでやろうとしたら見当たらなくて、なにげに結構焦りました(笑)

メーカーによって用語が違うのは仕方ありませんけれどもね。

VegasProの「ビデオFX」内に「ミラー」や「反転」という名前のモノがあるのが、また、コトを分かり難くしていますよね……(汗)

VegasProでは、「ミラー」は「反射」(鏡像)のこと。「反転」はフィルムの「ネガ・ポジ」の「ネガ」のことです。

今回は映像(画像)を反転させましたが、VegasProでは「フリップ」という用語、割とあちこちで見かけます。テキストのアニメーションとか音量の調整とかでも見ます。「フリップ」=「反転」なんだな、と覚えておくと、なんとなく理解がしやすいかと思います。


ゲーム動画 ブログランキングへ



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする