絶版本を復活しよう!10社合同企画「書物復権2018」

絶版本や品切れ本を投票で復活させるサイト「復刊ドットコム」にて、出版社10社による合同企画「書物復権2018」が現在行われています。

復刊ドットコムトップ

以下の参加出版社が過去に販売していた133点137冊から、復刊リクエスト数を参考に復刊書籍を決めるイベントです。

参加出版社一覧

投票は今月末2月28日まで。復刊は5月下旬からの予定だそうです。書籍では復刊が難しいような場合は、オン・デマンド版での復刊も実施されるとのこと。

オンデマンド版

みすず書房より

参加出版社の顔ぶれからなんとなく想像する通り、リクエスト対象はほとんど「専門書」っぽいですね。「大学卒業したらもう買わないよな~」みたいなの(笑)

復刊リクエスト投票をしても購入しなくてはいけないワケではないので(出版社は購入してほしいと思いますが)、もしこの中にご興味のあるタイトルがありましたら、ご参加なさってみてはいかがでしょう。

私が気になったタイトルはこちらなのですが……。

たとえ復刊されても6000円超えは考えちゃうかなぁ~(汗)

復刊ドットコム」は2000年にはサービスを開始しているので、「老舗」と呼んでいいサイトだと思います。

私自身、すでにかなり前に「復刊ドットコム」には登録を済ませておりまして、いくつか復刊リクエストも出させて頂いたり、ほかの方のリクエストに投票したりしております。

ほとんどのタイトルは漫画かな。あと、むか~し読んで懐かしかった児童書とかも。

ちなみに自分が復刊リクエストを出したものや、投票したタイトルの動向はメールでお知らせしてもらえます。

すでに持っているのですが、こちらのサイトでの復刊を期に再購入してしまったのが、以下のコミックスです。

復刊ドットコム」で直接購入することも、Amazon経由で購入することもできます。

私は予約特典のオマケが欲しかったので「復刊ドットコム」から買いました。

購入前の記事になりますが、内容等詳細は別ブログでまとめてみましたので、よければそちらをご覧ください。

関連記事
伝説の歴史漫画『静粛に、天才只今勉強中!』ついに復刊

日本の年間新刊書籍出版点数は年々増加する一方、販売数は減少しています。書店もスペースの関係上陳列しきれません。存在を知られず消えていく書籍も少なくはない事でしょうね。とても残念です。

私は図書館はほとんど使わず、手元に置いておきたい派なので、こういうサイトの存在はありがたいです。

書物復権」企画は毎年行われています。昨年の結果はコチラ

それでは、今回は以上です。






人気ブログランキング