パワーポイントでタイトル動画を作る方法

PowerPointでオープニング動画作成

マイクロソフト社のオフィスソフト、PowerPointです。

パワーポイントで簡単に作れそうな時は、パワポを使ってしまいます。

私が使っているバージョンは2013ですが、パワーポイント2010でも2016でも作れると思います。(基本的にはバージョンによる大きな操作の違いはなく、バージョンが新しくなるほど広範囲の機能が備わっている、という印象です)

たとえば、こちらのタイトル用動画

タイプライターで文字が打たれていくようなオープニング動画です。

タイトル部分はパワポで作りまして、最終的にはこのような動画に↓なっています。

(合成時に再生速度を上げています)

では、以下、パワポ部分の作り方を書きますね。

パワーポイントを立ち上げたら、スライドの「レイアウト」を「白紙」にします。(しなくても問題ありませんが、やっておいたほうがうるさくないです)

レイアウト白紙

デザイン」タブでバリエーショングループの「その他」ボタンから「背景のスタイル」を選んで背景を真っ黒にします。

背景のスタイル

それから「挿入」タブで「ワードアート」を入れます。

この時、種類はなんでもいいと思います。後から変更できます。

タイトルにしたい文字列を入力したら、フォントフォントサイズをお好きなものに変更します。

フォントの色を「」にします。

(暗い色じゃなければ、白じゃなくてもいいと思います。暗い色にすると、背景と一緒に透過されてしまいます。)

描画ツール「書式」タブから「文字の効果」で「」を選び、種類「内側」にします。

※ 「影」は無くてもまったくかまいません。サンプル動画ではつけているので、一応書き加えました。

アニメーション」タブでアニメーションの種類「開始」から「アピール」を選びます。

オプションボタンから「アピール」のダイアログを出します。

「テキストの動画」→「文字単位で表示」

「サウンド」→「タイプライター」

で、「OK」します。

デフォルトで「0.5秒文字間で遅延」になっていますが、もっと早くしたい時は、0.2秒とかにしてください。「プレビュー」ボタンで確認してくださいね。

動画ファイル形式にしてしまうので、開始のタイミングなどは変更しなくていいですよ。

※ ここで注意点!

タイプライターのサウンドですが、なぜか最後の文字を打つ音がしません。

そこで、末尾に一文字、なんでもいいので追加して、フォントの色を「」にして隠してしまいます。

文字は存在しますが見えなくなるので、音だけが残ります。

さいごは、「ファイル」タブ→「エクスポート」→「ビデオの作成」で、適当なファイル名を付けて保存してください。

これで完成です!

上記の動画はアドビプレミアエレメンツで作成したもので、黒い部分は「クロマキー」で透過しました。

VegasProで同じようにする場合は、「クロマキーヤー」というビデオFXを使います。

VegasPro13での設定の画面はこんな感じです。

以上になります。


……さて。本題とは(ほとんど)関係ありませんが、あまりにインパクトがあって、つい購入してしまったパワーポイントの解説本をご紹介します。

[超解]パワポたん
電撃PC [超解]パワポたん 社会人までに身につけたいプレゼン力を磨け!


電車内では読めないかもしれませんが、中身は結構充実して真面目でしたよ!

操作方法だけではなくて、「なぜこうするのか」「この色やフォントはこういう時に効果的

というポイントも載っていて、パワポ初心者や、普段なんとなくパワポ使っているという人も、読んでみてもいいかもしれません。



ゲーム動画 ブログランキングへ



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする