レトロ調に画像加工するアプリ「XnRetro」で遊んでみた

クロスプラットフォームの画像ビューア、XnView(エックスエヌビュー)で有名な「XnSoft」が配布するアプリ「XnRetro」で画像をレトロ風に加工して遊んでみました。

XnSoft公式サイト(英語)

XnSoft公式サイト

まずは、XnSoft公式サイトの「Desktop」というところから、「XnRetro」を落としてきます。(モバイル用もありますね。使ってはいませんが……)

IMAGEPROCESSING

他にも、「XnConvert」や「XnSketch」があります。

「XnConvert」は画像を編集するアプリ。

XnConvert

「XnSketch」は、画像を手書き風にレタッチするアプリです。

XnSketch

こちらはこちらで面白そうですが、今回は保留で。

アプリをダウンロードし、解凍してインストールします。

ダウンロード

起動画面は以下のような感じ。

レトロ

すでに画像がありますが、最初は勿論何もないです。

「ファイルを開く」でもいいし、画像をドラッグ&ドロップでも持ってこられます。

下の方に「Retro」の効果が並んでいるので、プレビューを観ながら選択します。
明るさや彩度、ガンマ値や色味なども変えられるので、適当に弄ってみます。

Light

Light

「Light」は光のエフェクト効果です。「Light opacity」というところで強さを変えられます。

Vignette(ビネット)

Vignette

「Vignette」はエッジのぼかし効果です。これも右側にある「Vignetting」で強さを変えられます。

Frame

Frame

「Frame」は文字通り、枠囲み、額装です。

左端の「No ○○」でそれぞれ「無し」にできます。上の画面ショット、ぜんっぶ「No ○○」でごめんなさい(汗)

英語ですが、難しくはありませんね。

さて。風景写真を加工してみました。

加工前

星の王子さま

加工後

星の王子さま加工

加工前

ムクドリ

加工後

ムクドリ加工

元の写真が大したことなくても誤魔化しが効くような気が……(笑)

では、次に「黒い砂漠」のゲーム内スクリーンショットを加工してみました。

加工前

カルフェオン

カルフェオンの兵隊が並んでいる大通りのところです。

加工後

カルフェオン加工

加工前

人物

人物はどうでしょう~?

加工後

人物加工

いかがでしょうか。やはりセンスが問われるかもしれませんが(笑)

黒い砂漠」では、もともとの設定でセピア調やモノクロのSSが撮れますし、「NVIDIA ANSEL」を使えばもっと色々できますが、フレームやエフェクトはさすがにムリなので、これでササッと「そこそこいい雰囲気の画像」に加工できるのは便利ですね!

関連記事

Anselで高画質スクリーンショット~ゲームフォトグラファーという仕事

モバイル用の写真加工アプリはめちゃめちゃたくさんありますが、PC用も、探せば案外あるものですね~。

それでは、今回はここまで。


人気ブログランキング

スポンサーリンク





フォローする

関連コンテンツ