私的利用

スポンサーリンク
動画加工・編集

【MovaviSlideshowMaker】BGMのリズムを自動検知!スライドショー作成ソフト新発売

Movavi Slideshow Maker(モバビ スライドショー メーカー) 8、「スライドショー作成ソフト」とタイトルにはつけましたが、動画作成もできます。2022年4月12日発売された新商品です。 ソースネクストからも販売され...
TidBit 日常ネタ

【新機能】クリップスタジオでフォトショップ用ブラシを読み込んでみた

皆さまご存じ、お絵かきソフトの定番「ClipStudio(クリップスタジオ)」。略してクリスタ。 私も知名度に惹かれて購入しております。 クリスタでは昨年末、2020年12月10日にアップデートが行われ、諸々の機...
TidBit 日常ネタ

Wonder of Wonder Artで遊んでみました

「Wonder of wonder Art」は、自分の描いた絵が曲に合わせて踊る、という無料のWEBサービスです。 こちらのツイートがバズっていて、楽しそうだったので、私も遊んでみました。 結果がこちらです。 ...
TidBit 日常ネタ

英国発デザイン素材サイト『デザインカッツジャパン』2周年記念

ロンドンに本社を置くプロ向けデザイン素材販売サイト『Design Cuts(デザインカッツ)』。 その日本サイトが開設2周年を迎えました。 高クオリティ、ハイセンスな素材を多く揃えるコチラのサイトは、本家の英語サイトでも人気が高...
TidBit 日常ネタ

AIでオリジナルグラフィックが作れるfontgraphyで遊んでみた

fontgraphy(フォントグラフィー)は、株式会社ディ-・エヌ・エー(DeNA)が開発し、9月13日から一般に公開されているサービスです。 DeNA プレスリリース AIで一人ひとりの声からオリジナルグラフィックが作れる「f...
TidBit 日常ネタ

【商用利用・改変可】「人工知能が作った無料人物写真素材」試してみた!

■人工知能が作ったAI人物写真(ベータ版)公開! ディープラーニングGAN(Generative Adversarial Network:敵対的生成ネットワーク)を応用したAIを用いて、実在しない人物の顔の生成に取り組んでいます。...
TidBit 日常ネタ

レトロ調に画像加工するアプリ「XnRetro」で遊んでみた

クロスプラットフォームの画像ビューア、XnView(エックスエヌビュー)で有名な「XnSoft」が配布するアプリ「XnRetro」で画像をレトロ風に加工して遊んでみました。 XnSoft公式サイト(英語) まずは、X...
TidBit 日常ネタ

ブラウザで全自動作曲できる無料サービス「WolframTones」

「WolframTones」という無料の自動作曲ツールで遊んでみました。 「Wolfram」という企業が提供しているサービスです。 「Wolfram」社とは Wolframは、コンピュータ技術関連の製品やサービスを...
TidBit 日常ネタ

合成音声読み上げソフト「かんたん!AITalk3」使ってみる

音声合成ソフト「かんたん!AITalk3 5話者パック」を買ったというか……持っているので、使用許諾範囲や「かんたん! AITalk3(エーアイトークスリー)」の使い方やサンプルなどをご紹介します。 (例によってソースネクストのセール...
TidBit 日常ネタ

世界の美術館・博物館が公開! 無料で自由に画像を利用できるサイトまとめ

各国の美術館・博物館・図書館が、無料で画像を公開しているサイトをまとめてみました。 ほとんどが商用利用も可能ですが、「スミソニアン博物館」だけ商用不可です。(商用利用の際は要連絡と記載されています。) 規約など詳細は実際...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました