【ELYON】2020年末に韓国で遂にサービス開始、ですが……

ELYON

「TERA」を開発したブルーホールスタジオ(現ザトン)の新作PC向けMMORPG「ELYONエリオン。かつて「A:IR(エア)と呼ばれていたゲームタイトルです。

当ブログでも、何度も記事に取り上げてきましたが、運営企業やプロデューサー、ゲームの開発方針も変わるなど二転三転した後、度重なるテストを経て、ついに昨年末、韓国にてグランドサービスとなりました。

 

課金形式は最近では珍しく、基本無料アイテム課金ではなく、利用券を購入する方式です。

(下の画像は機械翻訳したものです)

ベーシックパッケージ 9,900ウォン
プレミアムパッケージ 33,000ウォン
スペシャルパッケージ 66,000ウォン

開始記念価格なのでお安く感じますが、まあ、このまま日本に来ることはまずないでしょう。

 

さて。

大変申し訳ないのですが、私自身かなりテンションは下がっております。理由は大きく2点。

期待していた「スチームパンク要素」と「空中戦」が下方修正されてしまったこと。

「いろいろな遊び方ができる豊富なコンテンツ」だったものが「MMORPGの面白さは戦闘」という方向に転換し、PvP、RvRメインになってしまったこと。

サービス開始後、メディアに取り上げられている内容といえば、ランキングやダンジョン攻略記事が多めで、ほかのタイトルと差別化と言える程でもないというか……。

PvPが好き、対戦が好き、という方にはうけるかもしれません。PvEのスキルセット、1対1のPvP用スキルセット、多人数用のPvPスキルセット、という感じで細かく設定していくようで、この手の事が好きな方には面白く感じられるかも。

MOBを敵味方のプレイヤーが入り乱れて倒すという、時間で沸く「次元ポータル」というコンテンツが今のところ一番のお勧め要素のようです。BLESSにも似たようなのがあったような……。

私はPvPとPvEをキッチリ分けたいので、これが日課な時点でちょっと脱落気味です(笑)

RvRは最初のお祭り騒ぎが終わって人口が減ってくると一気に過疎るので、そのあたりどうなっているのかなあという興味はあります。

 

そして、キャラメイク……。

以前のコンセプトアートがこちら。

実際に実装されたキャラクターはこちら。

洋ゲーのような、バタ臭くも落ち着いたデザインを楽しみにしていたのですが、このキャラクターだと、アバターにも正直そこまで期待がもてないかも……(汗)

 

加えて、日本サービス展開がどうなるか微妙だと思い始めてもいるからです。

一応、Pmangがすでに日本独占配信の契約をしています。なんと2016年の話です。このことから、「必ず日本展開が来るもの」と思っておりましたが……。

ただし、契約当時とは運営企業が異なり、現在はKakaoGamesが運営を行っています。

運営移管後に、2019年4月から6月までタイにて、国外では初のCBTを実施。しかし、韓国でもタイでも評価がふるわなかったことから、根本的に作り直しになりました。

そして実装が難しい空中要素などは排除し、現実的な地上戦等へ転換をはかった後、昨年末の韓国サービス開始となったわけです。

またKakaoは、12月11日に「ELYON」欧米向け公式サイトをオープンさせています。(正確には再開)

ELYON | Official Website
From the creators of PUBG and TERA comes a new paradise. Craft your perfect hero and wield magic and technology for control of the world of Elyon.

英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語の4言語をサポート。2021年中に、北米と欧州でのサービス開始を目指しているそうです。

【追記】2021/05/06~2021/05/09まで欧米サービスにてCBT1が行われます

 

なお、タイの公式サイトも閉鎖されてはいません。動きはないものの、そのまま閲覧できます。

ELYON - Ascent: Infinite Realm
ELYON A:IR หรือชื่อเต็มว่า 'Ascent: Infinite Realm' เกม Action MMORPG ระดับ High Quality นิยามใหม่แห่งสงครามกลางเวหา - Ascent: Infinite Realm

 

Kakao Gamesは現在、ライオンハートスタジオ開発のマルチプラットフォーム対応、新作MMORPG「ODIN:VALHALLA RISING」も計画中です。

loading...

今後グローバルサービスの第一歩として、まず台湾でのサービス開始を目指すとしています。

中国本土の市場を視野に入れてのことだといわれています。

 

このような流れを見るに、本当に日本には来るのか? 来るとしても何年後? と感じざるをえません。

完全に私見ですが、どうも日本市場の優先順位は非常に低そうです。

もし今後、日本サービスに関係する動きがあれば記事に取り上げようと思いますが、そうでない限りは静観でいいかな、と思っています。

それでは、今回はこのへんで。


RPGランキング

コメント

  1. ガチムチアニキ より:

    まとめ記事お疲れ様です。

    空中戦!今までにないMMOのステージ、すっげー!と思ってたのに。
    地上戦になっちゃったかー・・なっちゃったかー・・・なっちゃったかー・・・(エコー)

    個人的にはサイバーパンクが爆売れして、それの影響で方向転換してくれるかなと思ってましたが、

    厳しそうですね(´・ω・`)

    私はMMO難民にもどります。出荷よー(´・ω・`)

    • Ms-Florida より:

      >ガチムチアニキさん

      コメントありがとうございます!
      空中戦、少しは残っているような話もあったと思ったんですが、メディアには取り上げられてないような……?
      戦闘と飛行要素ということであれば、「紅の砂漠」でもいいかなーと思います。
      私は一応ブルプロ待ちですが……なかなか難しいですね~(;´Д`)

タイトルとURLをコピーしました