MicrosoftOfficeの音声読み上げ機能

WordExcelといったOfficeソフトには、合成音声による読み上げ機能がデフォルトでついています。

あまり知られていなさそうですけれどもね……。

※ Windows10になるとコルタナがいろいろやってくれそうですが、私自身のPCが8.1なのでまだ未経験です。

マイクロソフトオフィスの音声読み上げ機能

音声読み上げ機能は、WordでもExcelでもPowerPointでも可能ですが、ここではWord2013でのやり方を書いておきます。
※ バージョン2010も同じです。

「音声読み上げ」ボタンを追加する

まず、Wordを起動します。

画面左上にある「クイックアクセスツールバー」の右端、下向きの▼ボタンをクリックします。

クイックアクセスツールバー

メニューから「その他のコマンド」を選択します。

その他のコマンド

Wordのオプション」ダイアログボックスが表示されます。

Wordのオプション

「基本的なコマンド」→「すべてのコマンド」に切り替えて、「読み上げ」を探します。

……結構、下の方です。

Wordのオプション1

見つかったら選択し、「追加」→「OK」をクリック。

Wordのオプション2

これで、「読み上げ」ボタンがツールバーに追加されます。

読み上げボタン

「音声読み上げ」を使用する

ボタンを使用する際は、まず読み上げさせたい文章を範囲選択します。

読み上げ

それから、「読み上げ」ボタンをクリックします。

スピーカーかヘッドフォンが接続されていれば、音声が流れるはずです。

読み上げ中はこういう↓ボタンになっています。

読み上げ中

読み上げ」ボタンを再度クリックすれば、読み上げを中止します。「ESCキー」を押しても中断します。また、文章を最後まで読み上げた場合も自動で停止します。

キーボードから操作する方法

文章を範囲選択する場合は、Ctrlキー+Homeキー」で文頭へカーソルを飛ばすことができます。ちなみに、Ctrlキー+Endキー」だと文末へ飛びます。

※ 「Homeキー」だと行頭へ、「Endキー」で行末へ飛びます。

続けてCtrlキー+Shiftキー+Endキー」で文末まで範囲選択ができます。つまり、「Ctrlキー」を加えることで範囲選択になる、ということです。

それから、「Altキー」を押すと以下のようになるので、この場合でしたら、続けて「4」のキーを押してください。

altキー

これでマウス操作と同様、音声読み上げになるはずです。

Excelも、基本的には同じ操作です。

が、「読み上げ」ボタンが少々異なり、「セルで読み上げ」「行で読み上げ」など、Wordよりも、種類が多く用意されています。

Word2013合成音声読み上げ機能解説動画

Wordの合成音声読み上げ機能の手順について、動画を作ってみました。
(無駄に高画質ですが……笑)

サンプルの読み上げが後半にありますので、よければ聞いてみてください。
(1:11秒あたりからです)

サンプルの文章は、「プロジェクト杉田玄白」様よりお借りしました。
「マッチ売りの少女」です。

※ マッチ売りの少女以外の音声は、Wordのモノではありません!

日本語は、正直、かなり不自然ですね。
漢字も、すんなりとは読めません。
(平仮名にしたり、ルビをふれば回避できます)

でもまぁ、何を言っているかはわかります……。

英語はあまり違和感ありませんでしたが、ネイティブの人が聞いたら、やっぱり少しおかしいのでしょうね。

英語は読んでくれますが、他言語は別に辞書を入れないといけないようです。

以上です。



人気ブログランキングへ



スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする