鶏のチョコレートソース煮込み『モレポブラーノ』買ってみた

Other

最近、手抜きとか手抜きじゃないとか色々言われていますが、幸い我が家はデパ地下だろうがなんだろうが「美味しければいい」というスタンス。

ただ、美味しいか否かはガチャなので、初めてのモノはそれなりに緊張が走ります。

 

さて。

今回は「ダンデライオン・チョコレート」オンラインショップにて、「モレポブラーノ」というメキシコ料理のレトルト食品を購入してみました。

ダンデライオン・チョコレート」は、サンフランシスコ発のチョコレート専門店。

カカオ豆の選定・買い付けからチョコレートバーを作るまでのすべての工程を自社で行うBean to Barの企業です。

日本では蔵前や表参道、伊勢神宮前に実店舗があります。

オンラインショップでは、チョコレートのほか、ケーキやクッキー、パンなどの取り扱いも。

 

で、今回はこちら。

カカオ酵母パンとモレポブラーノのお試しセット

モレポブラーノ

モレポブラーノ」は、唐辛子などをベースにしたソースにチョコレートを加えてコクを出し、鶏肉や七面鳥を煮込んで仕上げるメキシコの伝統料理です。

すでに中身を抜いちゃってるので袋がペタンコですが……。

モレ・ポブラーノ」という料理は、以前テレビ東京『ガイアの夜明け』で取り上げられて(別のお店のモノでしたが)から、「鶏肉をチョコレートで煮込むとどんな味になるんだろう」とちょっと興味があったのです。が、このご時世、電車に乗って食べに行くのはややハードルが高く……。

検索すると「モレ・ポブラーノ」レシピもたくさんヒットするのですけれども、以前クスクスに挑戦して、自作は家族に大変不評でしたのでね……(涙)

 

メキシコはカカオ発祥の地。チョコを使ったこちらの商品、バレンタインあたりによく動いていそうなイメージ。名産品を使った伝統の味だそうですが、日本ではイマイチ馴染みがありません。

モレポブラーノ(Mole Poblano)のモレはモーレと書かれることも。「ソース」または「煮込み料理」を指す言葉だとか。ポブラーノはトウガラシの一種であると共に、メキシコ、プエブラ州の人達を指す言葉でもあるそう。つまり、「プエブラの人達の煮込み料理」という意味ですね。

ほぼ同じ料理を「ポジョデモーレ」とも呼ぶそうですが、ポジョ=鶏肉なので、「鶏肉のソース煮込み」。モレポブラーノは七面鳥を使うこともあるそうです。

今回のお取り寄せレトルトは、日本人向けにアレンジされているので、馴染みのある鶏肉です。

 

で、実食してみて……。

モレ

事前に「食べ慣れない味」という感想を多く目にしたのですが、食べてみて納得。

あ~……確かに、食べ慣れない味としか言いようがないな」となりました。

決して、まずくないです。本当に。完食しましたし、鶏も柔らかくて。でも、ストレートに「おいしさ」と結びつかない(笑)

「おいしい」というより「おもしろい」味。初回なのでね。

食べ慣れたらクセになるかも」という意見も見かけましたが、それも判る気がします。

普通想像するチョコレートらしさはほとんど無いんですが、カカオと言われたら確かにカカオだなぁ、と。

それから、トッピングのカカオニブが大変良いアクセントになっていました。これはオススメ。

あと、パンはストレートに美味しかったです! さすがにこのおいしさはすぐ判りました(笑)

開封したときの香りがすごいです。

カンパーニュ半分はちょっと少ないかなぁと思いましたが、案外ずっしりなので、小食な人ならこれでいいかもしれません。

 

こちらの通販には「お試しセット」と「モレポブラーノとパンのセット(4食分)」がありますが、お試しセットは他の商品と一緒に注文できないので、そこだけご注意を。

パン無しのセットもあります。「モレポブラーノ」は、カレーのようにご飯にかけて食べる事も多いようですね。

お家に居る時間が多いので、自炊もいいのですが、色々と変化を付けたいなぁと思った次第です。

 

それでは、今回はここまで。


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました