「リネージュエターナル」は「プロジェクトTL」へ ~ 2018年下半期CBT予定

昨年2017年、リネージュの正当な後継作としてクローズドβが公開されたものの、開発企業の株価下落という影響を招いたほどの酷評を浴びたPC MMORPG「リネージュエターナル」。

あまりの評判の悪さに「作り直し」が決定されましたが、今このタイトルはどうなっているのでしょうか。

「ブレード&ソウル2」は来年に延期

先日、韓国各社の2018年第一四半期の業績報告が次々と行われました。

ざっと記事を見た印象としては、各社、既存タイトルの強化、既存のPCゲームタイトルのモバイル端末等への拡張、新作はHTML5ゲームで、という印象です。

新作PCオンラインゲームは相変わらず厳しいようですね……。

AION」「ブレイドアンドソウル」「リネージュ」などのタイトルを展開している韓国NCソフト。他社が軒並み黒字な中で、営業成績で赤字を出しており、苦戦の様子が伺えます。

2018第一四半期業績

NCソフトの業績発表資料
AIONが業績を伸ばしているのは、課金システムの変更があったからだそうです。

PC MMORPG「ブレイド&ソウル」のてこ入れ……Unreal Engine4へのグラフィック改善、釣りや制作と言った生活コンテンツの導入、新ストーリーの追加、職業拡張システム……などが発表されたのは、記憶に新しいところです。

ただし、それに伴ってか、「ブレード&ソウル」の後続作、「ブレード&ソウル2」の発売予定は2019年に延期されました。(元々は2018年上半期発売予定だったそうです)

「リネージュエターナル」は「プロジェクトTL」へ

さて、では「リネージュエターナル」はどうなったでしょうか。

「リネージュエターナル」は「プロジェクトTL」へ名称が変更され、開発陣の刷新から根本的な見直しが行われていることが知られていました。そのトレーラー映像が昨年2017年11月に発表されています。

[ProjectTL] Trailer movie

[ProjectTL] Trailer movie

開発陣曰く「アデン(ゲーム世界)での成長過程と経験が最大限に尊重されるリネージュ本来の姿を強調する計画であり、このような過程で出会う縁は血盟(ギルド)を中心に展開していく」とのこと。

プロジェクトTL」は戦闘に現実物理法則を適用しており、リアルで没入感のある「直感的な戦闘」ができるとしています。

グラフィックは最新のUnreal Engine 4を採用。

イマドキPCゲームでUE3?」と言う人は必ずいるので、これは良い判断でしょう。

BLESSがまさにUE3ですがね(笑)

プロジェクトTL」に関してNCソフトユンジェス副社長は「計画通りに進んでいる」「社内の評判も良くチームの雰囲気も良い」「今年下半期にはCBTを介して外部に披露できそう」「来年には明らかに発売が可能と見ている」と語っています。

プロジェクトTL」の韓国2次CBTに関しては、「2018年の年末」という情報も流れています。

プロジェクトTL」はもともとクロスプラットフォームを念頭に置いて開発されており、ゲームデザイン序盤からコンソール(コンシューマ)でのプレイを想定に設計されている、とのこと。操作はコンソールを想定しており、PCとコンソール両方でプレイ可能なゲームをリリースできると考えている、としています。

「リネージュエターナル」で採用されていた、プレイヤーが複数のキャラクターを操るマルチヒーロー方式は廃棄されたそうです。

記者懇談会では、ムービーがシネマティックで詳細が不明な点が突っ込まれていましたが、そのあたりの情報は今後出るそう。とりあえず「プロジェクトTL」は、アバター中心のゲームになる予定で、現時点では5つのクラス(職業)が用意されていることまでは明らかになっています。

また、「ワールドとの相互作用」が採用されています。これはプレイヤーが地形を変えることができるもので、例えば橋を落として敵を足止めしたり、魔法職のスキルによって滝を凍らせて登山ができるようにしたりする、などのこと。ただし行き過ぎないように限度は設けるそうです。

「プロジェクトTL」の特徴まとめ

・最新のグラフィック、Unreal Engine 4を採用

・気候や昼夜の変化がある

・プレイヤーが地形に干渉できる

・PCとコンソール双方でプレイ可能

・現時点では5クラス

・ひとりのプレイヤーが複数キャラを使う方式は廃棄(アバター方式になる)

・成長はギルド中心になる

・リネージュの世界観を尊重し、攻城戦などに力を入れていく

・リネージュエターナルの評価を踏まえ、オープンワールドを意識した

ムービーを見るとカメラがまわっており、はっきりしたクォータービューではないようにも思えますが、戦闘中のカメラワークがどの程度自由かは、まだ分かりませんね。

競合他社のMMORPGタイトル

ゲーム情報サイト記事では、NCソフトは競合他社である「ネクソン」に後れをとっている、と見られているようです。

「ネクソン」は中国Tencent(テンセント)開発のPC MMORPG「天涯明月刀online」(Moonlight Blade Online)を運営しており、それが好成績をおさめているようです。このゲームは2015年には中国でサービスが開始され、昨年韓国でサービスが始まっています。ちなみに「天涯明月刀online」には、英語版と台湾版が確認されているという噂もありますが、日本に関する情報は何もありません。

天涯明月刀オンライン中国公式サイト

Moonlight Blade Korean Open Beta CG Trailer

Moonlight Blade Korean Open Beta CG Trailer

また、スマイルゲートの新作MMORPG「ロストアーク」が今年中には韓国でサービス開始されるとみられており、もしこれが好調なようだと、「プロジェクトTL」は来年このタイトルとの主導権争いが避けられないだろう、とされています。

「ロストアーク」韓国公式サイト

LOST ARK 2次CBTトレーラー

LOST ARK 2차 CBT 트레일러

関連記事

MMORPG【ロストアーク】ファイナルCBTを実施

さいごに

私としては「共倒れ」して「やっぱりモバイルがいいや」になるのが一番怖いですがね……。

プロジェクトTL」のTLは「The Lineage」の頭文字。NCソフトはリネージュシリーズ最新作「プロジェクトTL」を「次世代のためのリネージュ」「リネージュ20年の技術の集大成」とぶちあげました。

「リネージュM」の売り上げでどこまで「もつ」か……と言われているNCソフト。RPGこそNCソフトの本筋、と言う同社。はたして、それにふさわしいゲームになってくれるでしょうか。

プレイヤーが地形を変化させられて、しかも物理演算によってリアル没入感を最大限追求したというのですから、この文章から受け取るとおりにプレイできるなら、素直に「面白そう」と思いますね。

続報を待ちたいと思います。それでは。

あ、ブログのカテゴリ名が「リネージュエターナル」なので変えた方がいいかと思いましたが……正式名称が出るまではこのままで(笑)

情報元一覧

「ブレード&ソウル2来年延期 – プロジェクトTL下半期CBT」
NC 1四半期のカンファレンスコール(韓国語)
http://www.thisisgame.com/webzine/news/nboard/4/?n=82647

[総合]「次の世代のためのリネージュ」公開!
NCソフトの記者懇談会総まとめ(韓国語)
http://www.inven.co.kr/webzine/news/?news=188661

NCSOFTが新作MMORPGを一挙発表。Lineage Eternalを再開発した「Project TL」,既存IPの関連タイトル「Lineage 2M」「AION TEMPEST」「Blade & Soul 2」
http://www.4gamer.net/games/401/G040105/20171108028/

「Project TL」韓国公式ディザーサイト
http://projecttl.plaync.com/



RPGランキング

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連コンテンツ