【夢の金属】コステロデザインのコバリオンリング発売

以前、金属アレルギーを起こしにくい夢の金属コバリオンの記事を書かせていただきました。

金属アレルギーを起こしにくい夢の金属「コバリオン」
ダイアナ妃デザイナーに認められる
金属アレルギーを起こしにくい夢の金属「コバリオン」ダイアナ妃デザイナーに認められる
テレビ東京「ワールドビジネスサテライトWBS」で放送された、プラチナのような輝きと重厚感を持つ、日本生まれの新金属「コバリオン」(COB...

その続報になります。

「コバリオン」とは

まず最初に「コバリオン」とは何か、を簡単にご説明します。

コバリオン」(COBARION)は、東北大学金属材料研究所の千葉晶彦教授と釜石市の企業、株式会社エイワが協力して開発した新しい金属で、コバルトクロム合金というものです。

金属加工によく使われる、金属アレルギーの主な要因とされているニッケルを極力省いた「夢の金属」として、「コバリオン」には様々な用途が期待されています。

プラチナと同等の輝き」をもつ美しい金属ですが、硬くて加工しづらいことから、なかなか普及が進んでいかないのが現状のようです。

コステロデザインのコバリオンリング

そんな中、昨年2016年、故ダイアナ妃のデザインも手掛けた、イギリスを代表するアイルランド出身のデザイナー、ポール・コステロPaul Costelloe)さんが、コバリオンの指輪のデザインを請け負ってくれました。

被災地釜石の小さな企業から、世界的なデザインリングとして「コバリオン」がデビューすることになったのです。

そのリングがついに今年3月、発売になりました。

イギリスのメディアにも取り上げられています。

イギリスの新聞紙『The Irish Post』

コバリオン(英国)

http://irishpost.co.uk/tragedy-inspires-irish-designer-give-claddagh-ring-new-look/

指輪のデザインは「クラダリング」(Claddagh Ring、クラダーリングやクラダックーリングとも)と言います。アイルランドの伝統的なモチーフで、欧州では現在でも人気があります。

日本ではあまり見ませんが、西洋アンティークのジュエリーやアクセサリーのお店で見かけた覚えがありますね。

「愛情」「幸福」「絆」などの意味があり、「王冠」「ハート」「手」をデザインに入れるのが「お約束」だそうです。

敢えて伝統的なデザインにすることで、込められた意味を感じて欲しい、ということのようです。

今年2017年は、日本とアイルランドの外交関係樹立60周年なのだそうです。

ポール・コステロさん来日の様子は、NHKでも放送されました。

コステロデザインの「コバリオンリング」は、以下、専用の公式サイト(日本語)から通販で購入が可能です。

● THE COBARION CLADDAGH
https://www.costelloecobarion.com/

天照」6万8千円(税込)、「海神」8万6千円(同)で、オリジナル木製ケース付。送料無料。予約制になります。

加工しづらいという事を考え合わせると、かなり頑張ったデザインではないでしょうか。

クラダリング」はつける指によって意味が変わるそうで、公式サイトにはそのあたりの解説も載っています。

金属アレルギーでお悩みの方も、何か復興支援を、という方も、検討なさってみてはいかがでしょうか。

なお、「コバリオンジュエリー」は「京セラ」からも販売されています。

● 京セラ通販ショップ
https://www.kyocera-jewelry.com/user_data/cobarion.php

参考にさせていただいたサイト

アイルランドの世界的デザイナー「ポール・コステロ」さん、絆を表す指輪制作〜本県開発の合金を素材に、販売も開始
http://en-trance.jp/news/kamaishishinbun/12235.html



人気ブログランキングへ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする