VegasPro13 プロジェクトのネスト

今回は「小技」っぽい内容となります。

プロジェクトのネスト」という、完成作品として書き出す前の段階の、ファイルとファイルとをくっつける操作について見ていきます。

タイムラインに取り込んだ素材を「イベント」、動画ファイル全体のことを「プロジェクト」といいます。

VegasProでは、複数の「プロジェクト」をタイムラインで組み合わせて、「イベント」のように扱わせることが可能です。

これを「プロジェクトのネスト」といいます。

では以下、実際の操作方法です。

すでに別のプロジェクトを保存済の場合は、以下のような形状のアイコン(ファイル)が出来上がっているはずです。

プロジェクトアイコン

これを、映像素材と同じように、「プロジェクトメディア」へ取り込みます。

難しいことは何もなさそうですが、同じトラック内に複数のプロジェクトを混在させると、音声が歪むことがあります。

そこで、トラックを別に新規に追加作成し、そこに取り込むことでそのようなエラーを回避します。

タイムラインの「トラックヘッダー」で右クリック→「ビデオトラックの挿入」を選択します。

ビデオトラックの挿入

それから、取り込んだ「プロジェクト」をタイムラインへドラッグします。
音声や音楽がついている場合は、この時に「オーディオトラック」も自動的に追加されます。

プロジェクトの数=トラックの数」と、なります。

あとは、通常のイベントと同じように編集できます。

プロジェクト全体で1つのイベント(素材)扱いになります。
入れ子になるわけではないので、取り込んだ場所で個別に内容の編集はできません。

操作方法は以上です。簡単ですよね。

Adobe Premiere Elements 12ではこの「プロジェクトのネスト」ができなくて、作品によっては、タイムラインがなが~くなってしまって、編集がとても大変でした。

作品が長い&素材の量が多いと、メモリ不足でよく固まってしまうので、困っていました。

一般向け・家庭向けの動画編集ソフトだと、「プロジェクトのネスト」機能は無いことが多いらしいですね……。

なので、VegasProの「プロジェクトのネスト」は、個人的にはとってもうれしい機能です! むしろこれがVegasProに乗り換えた目当てのひとつだったと言っても、過言ではないほどです。


ゲーム動画 ブログランキングへ

スポンサーリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする