「BCN AWARD 2021」受賞記念 タイピングソフトなどでポイント20倍還元フェア開催中

BCN AWARDTidBit 日常ネタ

2021年の「BCN AWARD」が発表になりました。受賞内容等につきましては後述するとしまして、まずはセールの方から(笑)

 

ポイント合計20倍還元フェア

こちらの受賞記念フェアソースネクストの「トレーニングソフト」、「文書管理ソフト」、「葉書・毛筆ソフト」の3つが対象です。

実施期間 : 2020年3月10日(水)~2020年3月31日(水)

文書管理ソフト部門最優秀賞「いきなりPDF COMPELTE」、葉書・毛筆ソフト部門最優秀賞「筆まめVer.31 オールシーズン」、トレーニングソフト部門最優秀賞「特打 新価格版」ほか、計12製品が特別割引価格+ポイント20倍で発売中です。

いやー……「特打」、今でも売れてるんですね。

打つキーを間違えると、この親父さんから注意が飛んでくるそうです。

特打ヒーローズ 名探偵コナンとかもある……漫画のファンなら買うかも?(笑)

ちなみに、たぶんほとんど存在が忘れられている、当ブログのタイピングの記事がこちら↓です(笑)自己流ですが、よければご参考に。

 

PDFソフトが売れてるのは、なんとなく納得。昨年からリモートワークの増え方がすごいですから、それに伴って文書の遣り取りも「PDFで」となったんだろうな、と思います。

PDFソフト、以前は「フリーソフトでいいじゃん」と思っていましたが、今は一太郎と一緒に買った「JUST PDF」を使っています。(「いきなりPDF」じゃなくてすみません)

「JUST PDF」は「作成」「編集」「データ変換」それぞれになっていて、最初からPDF画面で編集するなら「編集」を、一太郎で文書を作ってからPDFに変換するなら「作成」を、という感じで起動が分かれています。

たとえばJUST PDFの「作成」なら、画面はこんな↓感じ。

(いきなりPDFも作成画面はよく似た感じですね)

ご覧頂いたとおり、かなり設定箇所あります。「PDF/X-1a:2003準拠」ってなに? と思いましたよ。色々あるんですね。

フリーソフトだと、こういうところあたりは限界があるんじゃないかな。

いきなりPDFにできてJUST PDFにできないのは、たとえば「ZipファイルのままPDF変換」とか「デスクトップアイコンにドラッグ&ドロップでPDF作成」とかですね。ソフトさえ起動せずにPDFファイルが作成できるのはすごいな。

JUST PDFで試してみましたが、できませんでした。ファイルをアイコンへドラッグしたらソフトが起動しました。普通そうだと思います(笑)

ドラッグ&ドロップで済むの本当に楽なので、普段PDFの出番が結構あるけどフリーソフト使ってる、という方はちょっと再考の余地あると思います。

筆まめ」はまぁ……昔から使い続けてる人が多いんだろうな、と。他ソフトに乗り換えるとUIも変わるし、住所録とかひな形とかがね、また面倒ですよね。

No.1メーカーを表彰する「BCN AWARD」

で、「BCN AWARD」って何? という話なのですが。

株式会社BCNは、IT業界紙『週刊BCN』を発行する新聞社、「BCN AWARD」はそちらが毎年発表しているものです。

全国の主要家電量販店やカメラ量販店、パソコン専門店、ネットショップなどの実売データ(今年なら2020年分のデータ)を元に、各部門の年間販売数一位のメーカーを表彰するものです。

今年2021年で、22回目を迎えるそうです。結構歴史のある賞なんですね。

今年は110部門53社が受賞されました。

見ていて「えげつないな~」と思ったのは、ソフトウェア部門のマイクロソフトですね(笑) OSから始まって、表計算、データベース、プレゼンテーション……ただ、ワープロ・エディタソフト部門はとりこぼしてる。ここは「ジャストシステム」の「一太郎」です。

一太郎

そりゃそうでしょうね。日本語文書なら一太郎(ATOK含)に軍配あがります。特に縦書き。

どうしてワードは縦書き文書なのに左から右へ読ませようとするの!

でもワードしかPCに入ってないから「文書はエクセルで作ってます」とかいう人が出てきちゃうんだろうな。

 

気になったのは

まず、ビデオ関連ソフト部門

1位は「CyberLink」です……てことは「PowerDirector」ですね、強いなぁ。

2位は「ソースネクスト」で、「VEGAS Pro」とか「Pinnacle Studio」とか「Fastcut」とか、初心者向けから上級者向けまで、色々動画編集ソフトを出していますので、その合計ですね。

 

 

3位のジャングルは「どこだっけ」と思いましたが「筆ぐるめ」出してるとこですね。でも何が売れてるんだろう……「動画×DVD×メーカー」かな?

……で、ここまでAdobeが入ってないのはちょっと意外でした。グラフィックスソフト部門ではアドビが1位なので、集計されていないということもなさそうです。

私がAdobeを選択肢に入れなかったのは、サブスクリプションだから。毎月つかうわけでもないのにサブスクはちょっとね……。

グラフィックスソフト部門2位はセルシスなので、これは「CLIP STUDIO PAINT」の売り上げですね。

 

あと、PCゲームソフト部門の1位はスクエニでした。

 

https://www.bcnretail.com/market/detail/20210119_209128.html

だろうね」という感じだったり「意外」だったり……面白かったです。

連続○年受賞、が多いですが、初受賞も7社。ただ、Appleとかヤマハとかなので新しい企業がというより、勢力図が書き換わっているのかな、って感じです。

それでは、今回はここまで。


人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました